ゼブラ/エアーフィットライトS

sP4211456
訳あって、タダで貰ったボールペン。
これ、なんか煽り文句が「小悪魔なんちゃら」とか言ってるらしくて、
「おじさんたちが会議室で『小悪魔でいきましょう』とか真剣に話し合うんですよ!」
とか、くださった方(おじさん)がキャッキャしてて可愛かった。

sP4211459
エアーフィットっていうシリーズは、シャープペンも出てます。
あとこれはライトSだけど、ライトじゃなかったりSじゃなかったりもある。

sP4211460
この部分がエアーフィット。
前にシャープペン使ってたことあったけど、ちょっと軸が太いもので、
長時間筆記してると私には大変疲れるものだったのです。
で、やめちゃった。
バックノックだったし……。やっぱサイドノックがいい~。

sP4211461
こういう構造で、特長だそうです。
だから太くなっちゃうのはしょうがないのかなぁって気もするけど……。
あ、それで細身を出したんだな。なるほど。

こういう、手に優しい機構っていうのは各社やってますけど、
個人的には普通にラバーグリップさえついてればいいかなって気がします。
今どきのボールペンには標準装備ですしね……。
三菱鉛筆のアルファゲルとか、そこまで必要ないだろって思っちゃって。
あと、あれ高い割りに破損しやすいのよね。
さほど劇的に書き易い!疲れない!とも思わないわけで……。
その点で言うと、三菱鉛筆・Very楽ノックのグリップ部の形状は、
あれは傑作だと思うんですよね。あれはいいよ。あの程度でいいんだよ。

書き味っていう意味で言うと、私はゼブラあんまり好きじゃありません。
手堅く作ってるなーって感じがするんでね……。いかにも事務用!的な。
それを刷新するためなのか、エマルジョンインク搭載のスラリを作って、
Twitterまで使って宣伝凄く頑張ったのに、あれはコケた印象だな……。
書き味なめらか系は、すでに三菱鉛筆のJetstreamが市場を占拠してて、
さらにコッソリとぺんてるのビクーニャが食い込んできてる状態で、
パイロットがフリクションっていう別路線でやってる中、
なんでここでゼブラが書き味なめらか系に攻め込んだのか理解ができない。
パーカーの第五世代筆記具を彷彿とさせる展開だったんだな……。うん。

ともあれ、タダでボールペン貰えるのは何本でも嬉しいですヽ(*´ー`)ノ
だからお礼までに責任持ってレビューを書く……いいことも悪いことも……。
さいきん文房具のテレビ多いことだし、呼ばれるぐらい頑張るぞっと(何w

アンケート

私が現在持っている万年筆のご紹介配信を実現するにあたり、
できれば何かお役に立てるような内容にしたいと考え、
上記のようなアンケートを実施することといたしました。
本日より3月31日まで投票を受け付けます。
票の多いものから選抜して話題にしようと思っています。
項目がない場合は「回答追加」から追加をお願いします。

なお、その他の筆記具に関する話題については、
こちらのメールフォームからよろしくお願いします。

トンボ鉛筆/オルノ

国内メーカーはサイドノックシャープペン作ってない、
という記事を以前書いたんですが、トンボ鉛筆が作っておりました。
スピノというシリーズです。お詫びの上訂正いたします。

P2131336
で、そのトンボ鉛筆がアホみたいなシャープペンを作っていたので、思わず査収。
ボディノックとは……。

P2131338
商品名からしていやな予感してましたが、やっぱりそうですか!
何がしたいのかよくわかりません! サイドノックでいいじゃん!

P2131340
オルノ。謎だ。
トンボ鉛筆は時々本当に何を考えているのかわからない。
ロングセラー商品が多いせいか、あまりに定番すぎて見逃しがちなんだよな……。

P2131339
トンボ鉛筆は他にも、机から転がり落ちにくいシャープペンとか、
手帳や本の背表紙にフィットする溝のついたシャープペンとか、作ってます……。
目の付け所がシャープでしょ……。

ところで、今は電機メーカーのシャープさんは、
もともとは筆記具メーカーだったそうで(この言い方も正しいかどうか)
シャープペンってシャープさんのペンだったんですね。
そろそろ、プラズマクラスター搭載のシャープペンとか作っていいと思います。

DUKE/D12

最近、中華万年筆奮わないなぁって思ってたんですけど、
なにやらDUKEに不穏な動きがあったので……。
とはいえ、今年の3月ぐらいに出てたやつっぽい。

箱がちょうでかい。

うわぁ、すごく「APEC」って書いてあるけど、こういうところに書いて良い4文字だったっけ?

D960-2のときもそうだったけど、化粧箱がやたらでかくて立派なのよ。
捨てますけどね。

割と雑な作り。こういうとこちゃんとやればいいのになぁ。

こないだ買ったカンガルーに似ている。フォルムが。気付かないフリをしよう。

こんなん前もついてたわ……捨てたけど……。

相変わらず王冠……。
キングクラウンもリーガルもWENJUEも王冠だ。
いっそのことカンガルーとかピカソみたいに思い切ればいいのにって思う。
その点でいうと、フリュウェンはオリジナル性が強いかもしれない。
そういえば、HEROが出なくなったらWENJUEも出なくなった。
いまの世界情勢も相まって、中華万年筆はどうなってしまうのかと考える次第。
別に何も心配じゃないけど。

ペン先に「GERMANY」って彫るのやめたらしい。
怒られたのか?
ペン先の形は独特のような気がする……気がするだけ……。

D960-2のペン先。見えづらいけど根元に「GERMANY」って彫ってあるの。
絶対にこれ中国製なのに。ひどいわー。

うわぁ。

うそくさい。

機構はコンバータ・カートリッジ両用で、コンバータが付属してて素晴らしい。
ヨーロッパのメーカーの万年筆は、コンバータ別売りが普通なので……。
あと、ヨーロッパ規格のカートリッジが使える。
可能・不可能の話しであって、それが良い・悪いって話じゃないですが。

「もう万年筆買わない」って毎月言ってる気がするけど気のせいです。

シェーファー/デルタグリップ&コンバーター

ワンチャさんがこういうのを入荷してくださって、


買いました(ぉ

#どうでもいいけどこの付箋が手書きで毎度申し訳ない。
#あと、この包装紙とケースがもったいない。
#よほど思い入れが無い限り外箱とかも捨てちゃう派なので、
#わたしとしては、もうプチプチでくるんで送ってくれてもいいのだが…。
#どうでしょうか、ワンチャさん。

で、おまえデルタグリップ持ってるじゃねえかよと……。
ええ、持ってますよと……。軸が黒のヤツを持ってますよと……。
デルタグリップには、赤もあるんですよと。


先住筆。真っ黒で冷たいのに書き味は温かい、おやっさんみたいな筆。


赤だ。おやっさんがただ赤いだけだ。
このシェーファーの外箱も、私は捨てます。
欲しい人は今のうちに申し出るように。次の不燃ゴミの日に捨てます。


ペン先は真っ黒。これはデルタグリップの特徴なのかな。
なんかこの万年筆は、ワンピースのドクトリーヌさんを思い出しますよ。
ハッピーかい? ハッピーハッピー!

そういえば、
パーカーがなんちゃらっていうペン先真っ黒の筆を以前出してて、
それもワンチャさんが入荷していらしたんだけど、
どうもパーカーがペン先黒くしたところで、「へー」って感じだ。
シェーファーだったから買ったってところはたしかにある。
そういえばシェーファーに「トライアンフ」っていうペンがあるのよ。
ああいう、スペースシャトルみたいなペン先のを1本持ちたいんだけど、
どうもあのタイプは高いですねー。
1000円ぐらいで何とかなりませんか!? なりませんか。
「トライアンフ」って名前がいいよね! 「トライアンフ」っていう!
トライアンフのバイクも乗ってみたいな!

さておき。
今回の主目的はコンバーターだったんですけども、
それにもここまで至る経緯があって。
ワンチャさんはずっと、
デルタグリップ適合のコンバーターを売りに出してたんですよね。
でも、しばらくずっと品切れで……。
黒デルタはコンバーターで使いたかったから探してたんだけど、
なかなか見つからなくて、他の万年筆やさんに当たったら、

「デルタグリップはカートリッジのみでコンバータは使えない」

という回答がきてしまったんです。
えー、でもワンチャさんが適合コンバーター売ってるよ? ガセ?
とか思ったんですが、今回の入荷で査収。
シェーファーはヨーロッパ規格じゃないし、
コンバーター自体が何度もモデルチェンジしてるから、
下手に知りもしないで購入すると、自分の筆に合わないことがあります。
だからおとなしくカートリッジ使うのが無難なんだけど。
ワンチャさんが適合するって言ってるんだからするんだろう、と。

カートリッジとコンバーターを並べてみたらさ。

こいつは酷いや。なんだこの容量。
ただでさえデルタグリップはインクだばだば出るってのに。
カートリッジの半分ぐらいしかないじゃないか。

うーん。
「コンバータは使えない」って、こういう意味だったんかな。
などなど。インク入れて使うっていうより、洗浄用って感じだ。

とりあえず、机の上がボトルインクで溢れそうになっているので、
容量の多いヌードラーズインクの消費に役立ってもらうことにします。
同じアメリカ出身同士、仲良くしてくれるだろうと期待。

結論:シェーファーのデルタグリップは、カートリッジで使うが吉。

カンガルー/K338

カンガルーの万年筆、K338です。
もうお気づきのとおり、中華です。
どの点でお気づきになって頂きたかったかというと、品名です。
なんという型番。

正直なところを申し上げて、ここのところ中華万年筆にヒットがありません。
いや、もちろんそれほど買っているわけではありませんが、
「これは!!!」ってもんがないのです。
具体的にどの当たりがヒットしないのかと言うと、書き味が普通なのです。
中華万年筆は、だいたい、普通にいいペンです。納得いかない。
だからといって、ヨーロッパのブランドをイメージして買っていいかというと、
買っちゃだめです。
書き味なんかよりも非常に厳しいところで罠がありますので。


サファリテイスト……。なんだろうね、こういうセンス。


フリュウェンのレザー調なんちゃらと張れる気がする。
あれは酷かった。買ったし愛用してるけど。
でもあっちのほうが面白かったなぁ。
フリュウェンは買って手元に届いてから、
「たしかにこれだがこれじゃねえ!!」って感じが愛せる。
カンガルーはどうも無難にヨーロッパを真似てくるのがイライラする。


デザイナーがオーストラリアの人なんだそうです。
だからこう、全体にヨーロッパテイストなんだな。
カンガルーの筆はだいたい全体的に、どっかのブランドで見た感じです。
独創性はないと思う。どっかで見たような、それじゃない万年筆、みたいな。
うっかり買ってパチもんつかまされたって思われやすい中華だと思う。


ペン先の感じはパーカーを真似してるっぽいんだよなぁ。
だいたい小ぶりに作ってる感じ。てか、パーカーっぽくしてる感じ。
そういえば、ペンクリップが超パーカーな万年筆も作ってた。
凝ってるようには作ってるんだけど、ピカソほど思い切れなかったっていうか、
どっちにしろ、中途半端な印象しか受けないメーカーです。

書き味は普通でした。
期待した重さもさほどではありませんでした。
カンガルーはほんとに中途半端でいけないよ。
これを買った理由はただ一つ、とても中途半端な万年筆だったからです。
それ以上でも以下でもない。

ところで、最近ワンチャさんが入荷していないだけなのか、中華が渋ってる気がする。
社会情勢と関係があるんだろうか?
そもそも、私は文爵の万年筆が欲しいんだけど、たぶん年単位で入荷しないとのこと。
え、てか、文爵だいじょうぶなの? 生きてるの?
見てる感じで元気なのは、やっぱりDukeですね。あそこが元気なくしたら終わりかな。
フリュウェンも結構出てきてますけど、全体的に値段上がってる気がします。
2000円を越えてきたら要注意……。

しかし、一時期ガッと万年筆持つ人増えたんですけど、今はさほどでもないんですかね?
万年筆は固定ファンがいるからブームなんて関係ないと思いますけど、
やっぱり若くて勘違いした人たちが勘違いした買い方してくれるのが面白いのに。
私はアドバイスなんかしませんから関係ないですけど。
見てるぶんには面白いので。


ところで、散々「いらねー!」って言ってたワンチャさんのオリジナルインク。
今度はガラス瓶でくれましたよ……カンガルーのおまけか、しくじった。
ワンチャさんは中華万年筆を買うとオリジナルインクをおまけしてくれることがあるので、
「不要です」と書き続けていたんですが、今回どうも失念したらしくて。
このインク、非常に乾かなくて大変なことになるので、
前に大量にもらったやつをごっそり捨てたんです……。
プラ瓶だったから気軽に捨てられたけど、なんとなくガラスだと捨てにくい……。
とりあえずカンガルーに詰めてみました。
机の上のインクボトルがまた増えてしまった。

WALITY/デモンストレーター

インドの万年筆というと、ガンジーが愛用していたラトゥナームサンが有名。
が、あれはペン軸は手作り品だというけどペン先はドイツ製だし、
1万円以上3万円以下という微妙な価格なので手が出ない。
インドの物価とか色々考えるとそりゃ高価な品物なのかもしれないけど。
モンブランだのペリカンだのみたいなアホみたいな値段を見てると、
うーん、微妙だなあって思ってしまう。
まあ、あれは金ペンだから値段が上がるのはどうしようもない。

さておき。
ずっと目をつけていた怪しい万年筆を買ってしまったのでご紹介。
先に言っておきますけど、全然オススメじゃない。
てか、私が持ってる万年筆なんかどれもこれもオススメできない。

このWALITYというのは、フランスのレシーフっていうブランドの製造元だそうで、
私がレシーフってブランドを存じ上げなかったのでしらべたところ、
「クリスタル万年筆」っていうこれとソックリなのが8千円近くで売ってました。
これもワンチャさんで2500円だから高い方だと思ってたんだけどね……。


キャップはネジネジして開けるタイプでした。そりゃそうだろう。


なにが「そりゃそう」なのかってーと、この万年筆はこう分解できるので。
キャップがねじねじタイプでないと、タダでさえ漏れるであろうインクが、ダダ漏れになる。

これは、「アイドロップ注入式万年筆」というやつで、早い話が、

「スポイト注入式」。

これは19世紀ごろの万年筆に採用されていた機構らしく、
今は大変レアアイテムだ……、と、言うワンチャさんにまた踊らされている。
レアとはいえ、レシーフのクリスタル万年筆だって未だにスポイト式だし、
第一、こんな原始的な機構なんかただめんどくさいだけだと思いますよ。ええ。
スポイトで注入するだけったって……アイテムが一個多いだけでどれほど負担かと……。
カートリッジのようにゴミを出さないからエコだとか、
じゃあ洗浄した後のインクに染まった水はどうするのよ、と。
コンバーターよりインクいっぱい入るよ!とか、
だったらピストンフィラー回転吸入式が最強じゃないのよ!と。


とりあえず、粘性の強いインクじゃないと接合部から漏れてくるらしいので、
粘度の高いヌードラーズを詰めました……。


絶対にレシーフじゃないんですけど、言わなきゃわかんないレベルだし、
中国の万年筆メーカーはもっとアクドイ商売してるのでいいんじゃないでしょうか。
使い始めは全然インク降りてこないですけど、
ジタバタ騒がずに適当に放置しとくと降りてきます。
フローは良い方だと思います。
ただ、ヌードラーズインクでかなりサラサラ書けるので、
国産インクはつめないほうがいいかも。
ダバっと出るか、悪ければどんどん漏れてくると思う。
接合部のインク漏れに関しては、ワンチャさんで対処法紹介してくださってるので、
もしチャレンジしてみようなんて猛者が居たらご参考にされてください。
持った感じは、太めで軽くて安心感があります。
中華とはえらい違いだ。

まあ、例によってまったくオススメじゃありません。

monami シャープペンシル

ボールペン、万年筆、ガラスペンときて、
シャープペンには興味持たないつもりだったんですが、
記事を書くほどの興味を持ってしまいました。うーん。

私の文房具との付き合いを振り返ってみると、
小学生の頃、受験の為に学習塾に行ってたこともあって、
まわりよりは幾らか早めに「シャープペン」とか「大学ノート」、
「ルーズリーフ」ってもんを使い始めてたんですよね。
かといって鉛筆との付き合いがなくなるわけでもなく…。
私が小学校の頃って無意味にそういう文具を使うの禁止されてて、
必ず鉛筆とジャポニカ学習帳じゃないとダメって決まりがあったんです。
でも塾だと好きな文具使えたので、そこはよかったかなー。
勉強辛かったけど。
お絵かきもしてたし、細い線が好きだったので、鉛筆よりシャープペン派でした。
だから、ボールペンですけどパイロットのハイテックCが出たときは小躍り。

で、まあ、最近また漢字とか色んな資格や検定の勉強をしてて、
それにシャープペンをたくさん使うようになったんですよね。
まえから、いちいちペン軸の尻部分をノックして芯を出すのが好きじゃなくて、
どうもあれが手間だなーと思ってました。
たったあれだけの指の動きで、いろいろ霧散しちゃう気がしてて。
そういう意識が殊更にあの動きを苦手にさしたんだと思うんですけど。
そんなわけで、ずいぶん昔に買ったサイドノックのシャープペンを使ってました。

ペン軸の尻部分は全く動きません。ノックできない。


手元のこの青いのを押すと芯が出ます。

メーカーとかまったくわかりません。
どっかのスーパーで買ったやつです。
今思うと、なんでスーパーの文具売り場にサイドノックなんか売ってたんだと不思議。
こういうシャープペンが他にもないかなって思って探したんですが、
国内メーカーは作ってませんでした。
前は作ってたけどやめちゃったとかいうのはあったかな?
どちらにせよ今は作ってないと思います。
やっぱり、だいたいみんな尻ノックで慣れてるから、サイドは使いにくく感じるのかな?
サイドノックが使いやすいって思う人って少ないのかもなー、など。

ペンを振って芯を出すタイプってのはまだ結構あるんですがね。
あれも好きだけど、試験会場でシャカシャカやるのはちょっとなーって思って、
自宅以外では使えないです……。
仕事場とか、喫茶店とかでもちょっとウルサい気がする。
とはいえ、まあ、また今度記事書きますがw

そんな中、先日人生における大きなイベントが終わった開放感と、
そのほかいろんなモヤモヤとかイライラから、
たのめーるさんのWEBショップを見ていたら、フロントノックっていうのを発見。


monami。韓国の文具メーカーさんです。
青いやつももしかしたらここのかもしれない……。


やはり尻はノックできません。この赤いところを押すと芯が出る。


ちょっとだけ真ん中がくぼんでて指にフィットします。
筆記するときはもっと下を持つけど、少しの指の移動でノックできる。
尻ノックの持ち替えに比べたらだいぶ指の動きは少なくて済みます。

青いヤツは筆記するときに指にあたる部分への配慮がなくて、
本体自体がそんなに固くないから多少は耐えられるけど、
どうしても長時間筆記には向かない感じだったのです。
それで、指あたりの柔らかいヤツを探してたんですが、
ピンクのやつは指のところがラバーになってるのでちょい期待。
あ、このピンクの子はたのめーるさんのとこで47円でした。

今回は、たのめーるさんよりシャープペン3本、ボールペン2本を査収。
最近面白いボールペンをたくさん入手してるので、
記事にしていきたいなって思うんですが、万年筆もまだ書ききれてなくてどーも。
そこにシャープペンまで入っちゃったし、そもそもガラスペンの話をできてないし、
ぎゃーって感じですけど、そのうち追いついたらいいなヽ(´ー`)ノははは

Noodler’s Ink

一度メインブログの方でも触れたが、最近Noodler’s Inkを入手した。
このNoodler’s Inkについては、メインブログのほうでもご紹介したが、
万年筆専門店フルハイターさんのインク研究会24をご参照あれ。
このインクはリンク先を見ていただければわかるとおり、生い立ちが酷い。
万年筆愛好家ネイザン・ターディフ氏が「自分の好みのインクがない」から、
「自分で作ってしまった」インクである。
粘度が高く、伸びは良いが、目詰まりを起こしやすいので、
高い万年筆に詰めるのはやめたほうがいいかもしれない。
うちには2000円以下の万年筆がゴロゴロしているので気兼ねなく使えるが、
やっぱり純正インクのあるウォーターマンなどには純正以外詰めないことにしている。
メンテナンスもどうせ自分でやるんだけど、心配の種は少ないほうが良い。

Noodler’s とは、アメリカで養殖している食用のなまずを捕る人々のことで、
なまずのいる湖に裸で入り、やつらの巣穴に腕を突っ込んで噛み付かせるのだそうだ。
ネイザン・ターディフ氏もこのNoodler’s だそうで……。
パッケージに描かれているなまずのキャラクターはそういうことらしい。


ぺッてされてる。可愛い。
箱にはたくさん絵が書いてある。
もともと、趣味で作ったようなインクだったので、
初期の頃は瓶のまま販売していたらしく、
この箱が付くようになったのも最近のことだとか。

ところで、このNoodler’s INK。
日本国内への輸入ルートがなくなってしまったようだ。ガセかもしれない。
けど、インクを扱っているお店は悉く「在庫限り」と表示している。
万年筆メーカーの部品がなくなるとか、純正インクの入荷がなくなるとか、
そういう種類の物騒な話ではないけれども、
やっぱりこういう妙なものが入手できなくなってしまうというのは寂しいものだ。

あ、まあ、入手したんですけどね?(ぉ


Concord Bream.
Concordはマサチューセッツ州東部の町の名前だろうか。他にも意味はあるけど。
Breamはヨーロッパ産のコイ科の淡水魚で、うろこは模造真珠の塗料になるそうだ。
このインクは明るい紫~青で、筆記後すぐと乾いてからでは色が変わる。
ネット通販をしているお店の「インク色見本」はアテにしないほうがいい。
もちろん環境による表示の違いってのもあるんだけど、
そもそもインクは書いてみて楽しむものであって、画面で見るもんじゃあない。
だからハンパに筆跡紹介とかしてるブログは好きじゃないんだ。

そもそも、このシリーズのインクはべらぼうな色数があるのだけど、
そのどれも色見本はアテにしてはいけない。
そんなことでいちいち目鯨を立てていたら楽しめないインクである。
容量も90mlと、万年筆メーカー純正ボトルインクの標準50mlと比べると倍近くになる。
細かいことを気にするなら手を出さないほうが賢明。
だったらパイロットの色彩雫を使ったほうが安全である。
まあ……このインクに手を出すのは、相当の重症患者だと思う。


KIOWA PECAN.
KIOWAは、米国南西部に住むカイオワ族のことらしい。
PECANは、米国中・南部地方産のクルミ科の木で、その実はナッツとして食用にされる。
いつの間にか寒色系のインクばっかり集まってきてて、
ノートが寒々しくなってしまったので茶色を仕入れた。
ウォーターマンのブラウンとどっちにしようか悩んだ挙句、面白いほうをとってしまった。
ウォーターマンはまだ箱に入ったままのボトルが1本あるからな……。
あと、色彩雫の「土筆」あたりも視野に入れていたけれど、
やっぱり結局、面白いほうを選んでしまった。
ウォーターマンも色彩雫も、いいものだってことは解ってたので。
そうじゃなくって、もっとこう、妙なやつがいいんだって思って……。
KIOWA PECANは、もうちょっとしたらピカソに詰める。
(って、ピカソの記事を書いてないじゃないか……ねえ……)

第五世代筆記具。

パーカーが、またやっちまってるんです。
こいつの存在は知ってたんですけど、先日テレビで見て戦慄しました。
なにこの、万年筆っぽいペン先から飛び出ちゃってる部分。
ペンチで切り取りたい。

第五世代ってのが何をどう指して第五世代だったのかってのは忘れましたが、
ともかくこれの構造としては、万年筆の中身部分がリフィルになってて、
交換は簡単だしインク漏れはしないしキャップはずしっぱでも乾かない、
気圧変動でもインク漏れません、筆記後のインクはすぐ乾くので手が汚れません、
っていうことだそうだ!!! そうですか!!!

新世代の筆記具だというなら、どうして見た目を万年筆っぽくしてしまったのか。
この構造だったら別にこんな見た目にする必要はなかったはず。
どうせならもっとアグレッシブに過去と決別してほしかったですよ。
で、さらに2万円オーバー。やっちまったな!

パーカーにはクロスポイント万年筆の前科があるので、
またいつ何をしでかしてもおかしくはないと思ってはいたんですが……。
びっくりすることに、これを欲しいって言う人が結構いるらしい。
出してはみたものの売り上げが見込めないからテレビで宣伝したんだとばかり。

そもそも、インクで手が汚れるのが嫌ならボールペン使えばいいし、
油性が嫌ならジェルインクを使えばいいと思う。
見た目がチープで嫌だというなら、外見にこだわらない精神力を養えばよいのです……。
インク補充が面倒だの、メンテナンスが面倒だの、ペン先が乾くだの、
万年筆の面倒をみる気がないなら、万年筆なんか持つべきじゃないですよ。
そうやって関係を築きながら使っていく道具なんだから……。
道具をファッションアイテムみたように扱われるのはどうももんにゃりします。
「万年筆風」の万年筆よりお手軽な筆記具を持ったところで、
その人の株が上がるわけでもなし、仕事の能率が上がるわけでもなし。
ていうか、パーカーにはまず、クロスポイント万年筆というz(以下略。

それはさておき、この第五世代筆記具の書き味が容易に想像できるので、
ためし書きをしに行く気も起きないわけですが、その理由がこれ↓ でした。

ボールPentel。
これは水性ボールペンなんですが、毛細管現象を利用していて書き味はサインペンに近いです。
ぺんてるさんのHPで拝見したところによると、相当歴史が長くて試行錯誤された一本。
今はJETSTREAMに続いて特に愛用しているボールペンです。


ペン先可愛い。
私はパーカーのあれ買うならボールPentel買ったほうがいいやって思います。
あれ使ってる人とボールPentel使ってる人がいたら、断然後者のほうがクールだと思うわ……。
万年筆と違ってリフィルの生産がなくなったらもう使えないじゃん? とか思うと、
怖くてためしに買ってみるとかもできないし、そもそも試しに買える金額じゃない。
万年筆だったら古いものでもペン先が生きてさえいれば、
インク詰めてまた使えるけど、リフィル式のわけわからん筆記具はちょっとなぁ。
いつかメーカーの都合によって使えなくなるかもしれない道具は持てないよなぁ。

欲しいって思ってる人がどうして欲しいと思うのかが解らないので、
どなたかその理由を教えていただけるとこれ幸い。
私は断固としてボールPentel使い続けますけどね……。