自傷癖は「クセ」だから。

PB160378
某チャリティで査収したオバケは、うちでダラダラしています。
ハロウィンも終わったしね。

つい先日、リストカットなんかもうやめましたし、とか書いたのに、
先週ブチ切れて左腕をシマシマにしてシマウマ。うーん、痒い。
翌日、ウシロノヒトと先代ウシロノヒトに、やらかしました、と白状して、
ウシロノヒトには叱られ、先代には泣かれ、良いことなんか一個もないと再確認。
この傷が消えるまで何とか隠し通したかった人にもうっかり見せることになってしまって、
「バレなきゃいい」は自分が一番嫌っていることなのになっていう自己嫌悪で泣きました。

自傷癖ってのは、クセなので、うつ病ほどはなおらないんだと。
不眠症が治って、うつ状態が軽くなって、自殺願望が消えても、
それでも最後の最後まで自傷癖っていうのは残ってしまうんだと。
このクセを直すには、考え方を矯正していかなきゃいけないし、
あの激しい衝動を抑えるすべを身につけなきゃいけない。
どんなにうつ状態がマシになって、断薬が続けられていても、
一発自傷行為をしたら最後、ズルズルとうつ状態に戻ってしまう。
これはアルコール中毒とか薬物中毒と全く同じ状態で、
自傷行為にも常習性と依存性があるので、生半可では抜けられない。
わかっちゃいるけどやめられない。
アイロニカルな没入ってやつだな……。
大澤先生の新刊まだ読んでないけど……。

自分を粗末にすることは他者を粗末にすること。
自分を攻撃することは他者を攻撃すること。
自分の価値を認めないことは他者の価値を認めないこと。

ウシロノヒトに30回書き取りなさいと言われる……。ハイ。
ほんっとに、自傷行為なんかしたって何のメリットもないですよ。
ないんだけど、1回覚えてしまって習慣になってしまって癖になってしまうと、
ほんとにこれ「ただのクセ」として身についてしまうんです。
何でやるのかとか、辛いことがあったのかとか、そんなの一切関係なく、
歯を磨くみたいに、風呂に入るみたいに、トイレ行くみたいに、やっちゃう。

だからね、絶対にこんなこと覚えたらいかんのです。
やってる最中は案外ぜんぜん痛くないとかいうことだけでも実体験として覚えちゃうと、
痛くないからぜんぜん刃物が怖くなくなっちゃって、
自分の腕を切ることが異常だなんてカケラも思わなくなります。
やっちゃだめっていうより、やったって何も良いこと無いからやるべきじゃないんです。
ただ自分や他の誰かが気まずくなるだけだし、銭湯にも行けなくなるし、
自分をいたわれなくなるから、自分の身すら満足に守れなくなります。
自分の身を自分で守るのは、生きていくうえで最低限のことなんですよ。
それが出来なかったら社会生活できんのです。
自分で自分の体を傷つけるっていうのは、自分の命を放り出すっていうことは、
非常に未熟で幼稚なことだと私は思います。
そう思ってても、やっちまうんです。これが自傷癖ってもんです。
要するに、本当にただのクセで、中毒になってるわけです。

ウシロノヒトに言われたことには、
「明らかにもう限界超えてるのに、
それ以上はダメってラインすら意気揚々と飛び越えていくから、
まあこんなことになるんじゃないかとは思ってたんだけど」
「自分の限界の限界をきちんと見定めて自分を守れないんだったら、
この先どんなに他の誰かがお前を守ろうとしても無駄ってことですよ」
「人を馬鹿にするのもいい加減にしてくださいよ」
もう返す言葉もございません。はい。

断薬まであと少し。か?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ハルシオンのジェネリック、ハルラック。0.125。
前の通院からずいぶんたつけどあんまり減ってない。
もうちょっと頑張ったら断薬いけそうです。わーい。

ライフハックなんか!って、ライフハックを目の敵にしてたんですが、
実は不眠症の治療に大変役立ってます……PoICが……。
創作のためだけに、考え事の整理整頓のためだけに、って思ってましたが、
PoICで不眠症対策ができるとは……。いや、できるだろうけど……。
情報カードあなどれない。

「誕生日祝い」がトラウマになった年があって、
それ以来もう現在に至るまでずっとトラウマなんですけど、
そのときに書いた記事読み返して酷い動悸がしたりしてるので、
トラウマってヤツはほんとうどうしようもねえなーって感じです。
まあ、動悸ぐらいでおさまってるからいいのかも。
ちょっと前なら過呼吸になったりめっちゃ泣いたりしてたと思うし。
で、動悸がするってわかってるのに読み返しちゃうところとか。
ちょうどあの頃から自分を騙し始めてるなーって感じするけど。
自覚を持って自分を騙し始めてからが、やっぱつらいやね。
こういうのを「アイロニカルな没入」と呼ぶのかもしれない(謎)
あれから、「誕生日は断固として独りで迎える」と決めたよ。ほんと。
誕生日以外も、何かの節目の日は独りで静かに過ごしたいタチなんですけどね。

さっさと家事終わらして出かけようって思ってたのに、
とんだトラウマのせいで時間食ってしまった。
これもPoICで解決できませんかねー(依存)

執事休暇

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「絶対観ない」と思ってたのに、観に行ってしまった。
しかも、病院行くんで取ってた今日の午前半休で。
普通に出社する時間に起きてすこしゆっくり支度をして、
通勤ラッシュにもまれて映画館に行ったよ……。酷いわ……。
おかげで、病院に終業後にいかなければならなくなり、
いまかなりヘロヘロです。でも満足。
朝イチの映画館は寒かった。まだあったまってないんだな。

はじめに、水嶋ヒロで剛力で舞台がイギリスじゃなくて、
男装の女子で何か日本人らしい、って聞いたときには、
「また漫画原作の中途半端な実写化かよ」って思ったんです。
で、「観ないわ、これは生理的に受け付けないわ」だったんですが、
別の映画観に行ったときにちょっとパンフレット立ち読みしたら、
なんか、「これはアリかもしんない」と思って、そのままストトーンと。
なにより、栗原類が葬儀屋ってのがいいよね(栗原類が好き)

映画自体も、多少突っ込みどころはあるにせよ、
そりゃ多少の突っ込みどころはあってしかるべきだし、
許容範囲どころか、それがまた好ましさを増幅している。
ああ、こういうのもアリだなって受け入れられるってのは、すごいね。
私は原作至上主義でガチガチになりがち(しゃれじゃない)だけど、
それでも「あー、これは映画としてアリ」って思えるのはね。
これはキャストが本当に良かったと思う。うん。剛力万歳。
いいなぁ、わたしもほっぺたムニムニしたい。

そんで、午後はちゃんと会社行って働いて、終業後は病院行きましたよ。
ハルシオン0.25を半分に折って飲んでるっていったら、
じゃあハルシオン0.125ってやつに処方変えるから、
それ半分に折って飲んでみて、とか意味不明なことになりました。
もうそれ飲む必要ないんじゃないのか。
着々と断薬に向かっております。精神安定剤は前回から出てない。
10年前ぐらいまで、精神科で両腕に抱えるほどの薬を出されてたんだがね。
ま、どうせ半年後ぐらいにはまた再発するんだろうし、気長に付き合います。
これで「よっしゃーもうすぐなおるぜー」なんて勘違いはしないです。

そういや、映画はなんか続きそうな感じで終わったけど、
また続編とか作るんですかね???
こういう終わり方の映画って「うわぁ」って思うタチなんですけど、
これは次回作があるなら是非観たいぞって思っちゃいました。
いかんね。剛力のほっぺたに惑わされているね。

SUBWAY

140122_1733~001.jpg

三度のメシよりパンと野菜を愛すると言う割りにはケンチキ派だ、と罵倒(?)されてサブウェイ。
サブウェイ好きだしカードも持ってるっちゅーねん。

そういえば最近、ほとんど肉を食べません。
別にダイエットしてるわけではない。
穀物と野菜がうまいよ。
ファッキンアレルギーのせいで痒くなることはあるけど。
知ったことか。食いたいから食う。

ちょっと前まで、何食べても美味しくないし食欲もなかったんだけど、
美味しいとか食べたいとか思うようになったのは、上向きの証左かな?

これで睡眠さえとれればねぇ。
15年間も精神安定剤と睡眠薬に責任転嫁して生きてきたから、
完全に断つのはなかなか難しくてどうも。
薬がどうこうじゃなくて、「薬を飲まないと眠れない」自己暗示がスゴい。
試しに飲まないで布団に入ると、ものの数十分で「薬飲まなきゃ」って強迫観念で動悸する。
飲んでもどうせ眠れないし、眠れないのは薬のせいじゃないのにね。
だって効かない効かないってどんどん強い薬になるわけだから、絶対に薬のせいじゃないですよ。
眠れなかったら薬を増やすんじゃなくて、原因を見誤ってるって認めないといかんのよ。
今年こそは断薬したいもんです。
まあ、せいぜい気長にやりますがねヽ(´ー`)ノ

病気。

SONY DSC
多摩川のハシボソ。
やっぱりブトさんの方が声の音量的に見つけやすいかも。
ボソさんは声があんまり大きくないからなあ。小さくもないけど。
ブトさんほど鳴かないしね。
ただ、鳴くときの動作が大きいから、気配を感じたら少しじっとしてみると見つけられるかも。
私はアホの子好きなので、ボソよりブト派ではあるんですが、ボソも好きだよ。
このまえ多摩川をぶらぶらしてる時に、ただ写真を撮るのが目的の場合には、
ねぐら入り前だんだん集まってくるのを追っかけるのが確実かもって思いました。
まあ、写真なんか撮れなくてもね、カラスは見てるだけで愛くるしいですけど。

最近、前に良性腫瘍が見つかったところがずいぶん痛くて、
その痛みのせいで弱気になったりとか心細くなったりとかイライラしたりとかしてまして。
別に痛いのなんか今に始まったことじゃなくて、だいぶ延々と痛んではいるんですけど、
精神的なもんなのか、その痛みが殊更に意識されてしまうことがあるようですね。
そんで、一人で心細くなってメソメソ泣いて、そういう自分がやたら惨めになったり。
で、今日はそんなんで酷く落ち込んで、帰ってから布団にごろんとしていたら、
バカみたいな弱音をTwitterに吐いておりまして、ご心配おかけしてすみませんでした。
こういうことやらかすから、やっぱ1回ログアウトしといたほうがいいのかなぁ。
本当は、TLも見ないようにしたくて、留守ですってプロフィールに書いたりしてるんですけど、
いまいちどうも、ちゃんと留守に出来なくて面目ないです……。
実際、年内いっぱいに詰め込んでおきたいことがかなりあるので、
それをこなすためには出来るだけTwitterなんか見ないで居たほうがいいんですけどね。
長年の中毒って言うか、これもう大学時代に知ったCGIのチャットの頃からの中毒で、
自分でちゃんと制御できないことがある。なんとかしたい……。

腫瘍なんか良性だろうが悪性だろうが痛いんだし、別に悪性だって治療する気はないんです。
病気って私にとっては敵とか排除するものとか戦う相手って感じなくて、
死ぬまでずっと一緒に生きていく戦友みたいに思ってるから、死ぬことすら別に怖くはない。
ただ、何か世間一般的に見てすごく悪い病気が見つかった場合に、
周りに「治療しろ」「手術しろ」「入院しろ」っていわれるのは凄く怖いんです。
それでも、やっぱり意味もわからず延々痛いのって精神的に削られるし、
どうして痛いのかがわかるだけでだいぶ気持ちが楽になるから、そういう意味で検査は大事と思う。
検査の結果が悪かったらイヤだなあとも思うけど、それは病気がいやなんじゃなくて、
治療しろっていわれるのがいやなんです。
それも、早く死にたいとか、自分には治療する価値がないとか、そういう話でもないんですよ。
ちょっと、医療に対する不信感とトラウマが強すぎるだけ。
「治療」って言葉があんまり好きじゃないの。胡散臭くて。「で?」って言いたくなっちゃう。
小さい頃からかかってたお医者さんが、あんまり良くなかったせいかもなあ。
町のお医者さんみたいな感じだったから何となくそこにしか行かなかったけど、
自分で判断できるようになってからは隣町の病院までせっせと行った……。
隣町のお医者さんはいい先生だったけど、それでも医療に対する不信感ってのは拭えないままだよ。
もちろん、医療に助けてもらったこともいっぱいあるし、要らん迷惑もいっぱいかけたけど。

でも、やっぱり、結局は、「で?」って思っちゃうんだ。

まあ、検査代もバカになんないのよね。そのお金が捻出できないってのも理由。
とりあえず年明けぐらいにはなんとかなる気がするので、そうしたら1回検査しとこうかなあ。
ずっと延々と痛んでるとさすがに心が折れそうになるからね。痛いのって精神力削るよね。
どうせあっても良性だろうけど。どっちみち痛いんだからどっちだって同じじゃんって思うけど。
日常生活が出来ないほどじゃないからさ……。必要に迫られればそりゃ、考えるかもしれんがね……。

手術で取るとか、手術で治るとか、そういう話をされちゃうと、
「あの子は悪い子だからもうお付き合いしちゃいけません」って、
友達を取り上げられるような気分になる。
うつ病だの不眠症だの橋本病だのと長年付き合ってるせいかねえ。
病気とか死とかって、私にとっては何よりも身近で馴染み深いもんなんだけどね。

アーカイブ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
謎の図画。
これを眺めながらおゆうはんの支度してたら、ウシロノヒトに見咎められ、
「え、なんで今ごろ編み図書いてんの……?」って唖然とされた。
そうですね、これは今月の頭には終えるはずでしたよね。そう話しましたとも。
どうして今頃書いてるかってーと、それは今まで私が自分を見失っていたからだよ。
自分をっていうか、なんていうかな、アーカイブをどんどんスルーしてしまってる感じ。
なんだアーカイブって。
クリアするべきクエストの、達成必要条件がどうしても理解できない時の感じだよ。
わかるかなー、わかんねーだろうなー。

そんなわけで、今日もいい具合に腐敗しています。
首が右に回らなくなって、テーピングしてもらってんだけどキツいんだこれが。
下がっちゃった部分を持ち上げてもらってるからねー、キツいんだねー。
でもテーピングしないともっと痛いから頑張る……。
原因は相変わらず色々複合型。冷房とか、ストレスとか。ま、しょーがない。

いつまでも延々と限りなくっていうか、ダラダラとメリハリつけずに創りがちなので、
大きい展示会とか個展とかの発表の場所がないと、いつまでも前に進まない私の創作。
疲れたの具合が悪いのと言っては、その場所すら回避しようとしがちだけど。
それじゃー、やってる意味も何もあったもんじゃない。
だから締め切りは大事。発表することも大事。人の前に晒す事は大事。
それは頭では解ってるつもりなんだ。頭ではね。

今日は仰木高耶の誕生日ですね。高耶さんおめでとう。
今年はわが青春の「炎の蜃気楼」最終巻を何とか読み終えることが出来たので、
橘さんの誕生日も高耶さんの誕生日も素直に祝うことが出来ます。よかった。
これはリアルタイムでミラージュ追いかけて、ミラージュに青春を捧げた人間には大きなことで……。
本当に大きなイベントでしたよね……。今後もなんやかやと思い出すことも多かろうがね。

ルネスタ

130611_2042~001.jpg

睡眠障害をこじらせて、心身が生活や仕事に耐えられなくなってしまった。
時々ある。
眠れていないことに気が付くのは、だいたい1ヶ月ぐらい経ってから。

マイスリーが効かなくなってハルシオンに変えたけど、
そういえばハルシオンはそもそも効かないのだったと思い出すのが遅かった。
1ヶ月以上前から、それだけ判断力が衰えていたってことなんだけど。
何しろ、はじめはプラシーボ効果みたいなもんで、眠れているような気がしてしまう。

「半年ぐらい仕事を休んで療養したらどうですか」

と、先生。
休んで良くなるなら休むけど、経験上悪化することが解っているので、
睡眠導入剤を調整しながら様子をみることになった。
一時期の不眠症とちがって、今は寝付いてしまえば眠れるはずなので、
短時間作用型の薬を転々とさまよっているけど、ついに選択肢がなくなってきた。
あとはアモバンか新薬のルネスタしかないという。
アモバンは苦味が強くて出来れば避けてとおりたいので、ルネスタを処方してもらった。

そしたら薬局で、「苦味を感じることがありますから、あまり強かったら相談してください」と。
まじでぇ……。

眠る習慣つけて、早寝早起きのサイクルに慣れて、
薬なんかに頼らないで生活できるようになりたいです。
まあ、焦っても逆効果だからのんびり治療しますけど……。

あーあ、ルネスタ高いよ。
うーん。
同じ苦いなら、アモバンにしとけばよかったかも。

悪化する睡眠障害

130611_1017~001.jpg

気がつけば、もう1ヶ月くらいはまともに眠ってない。
ダウンするはずだ。
眠れてない時ってなんで気が付かないんだろうな。
診察でも「眠れてます」って言っちゃうもんな。

眠くなければ無理に眠る必要はない。
眠くなるまで起きていて、眠くなったら寝ればいい。
みたいな、ことも睡眠障害ではよく言われますが。

眠るタイミングを逃すと数日間は余裕で眠らない体質が作られてしまってるから、私にはその考え方はそぐわないのだ。

諦めてアモバンの前に屈するしかないか……やだなぁ……
でもとにかく無理にでも眠る習慣つけないとなぁ。
眠る習慣がついたら、また入眠助けるだけの薬に戻せばいいし……。

病人にネバーギブアップ精神とかいらないから。
自殺するときだけにして。

ってゆー……。もっともだ!

本当に鬱のときは鬱だと気がついてないし、
本当にダメなときはダメだと気が付かない。
だから死ぬときも案外しばらく気が付かないんじゃないかな。
気づいたら死んでました、みたいな。

私は生存意欲を殺しながら行き長らえてきた自覚あるから、
こうなってしまうのはどうしようもない……
これから少しずつ修正していかないとなぁって思います。
迷惑ばっかかけるし。

あの頃はまだ若かったし体の病気もなかったから、
多少の無理や無茶苦茶はできたんだが(;´ー`)
そのせいで一生治らない病気になったことを時々忘れますよね。

さて、諦めてアモバン処方してもらいに行ってきますεΞヽ(´ー`)ノ

右手首

130601_1637~001.jpg

こうなりました……(悪化の一途)

湿布の下はテーピングで固定しています。
やることは山ほどあるんですが、いかんせん利き手が使えないのでなにもできません。
そんなことより先月溜めに溜めた疲労でさっぱり動けませんけど。
頑張り屋だとか我慢強いとか言われましたけど、さすがに今朝は泣きました!わはは!
腕は痛いわ具合悪いわやることは山ほどあるわでもう。

今日は諦めて無為に過ごそうと思います(;´ー`)
まあ、それでもいくつか用事はこなしたんですがね……。

満身創痍

130517_2159~001.jpg

実家の犬は相変わらずだらだらしてました。
私はアレルギーが酷いので、犬のそばにいると死ぬほど目が痒くなってくしゃみが止まらなくなります。
でもわしゃわしゃする。
アレルギー薬飲んだ上で犬と遊ぶ。
アレルギーもうつ病も諦めと開き直りが肝心です。
果物も呼吸困難になる直前までは食べる。

右手の腱鞘炎が順調に悪化してて、作業は進まず、本当に今月乗りきれるのかと。
本当に本末転倒というか、自分の読みの甘さをどうにかしたい。
もうしょうがないから頑張るけど。
先生には「本当なら右手使うなって言うところだよ」って言われてます。
うーん。

こういうの何て言うんだっけ?
酒池肉林? 至れり尽くせり?
と、嫌みたっぷりにヤツが言う。

満身創痍。ですよ。

がんばるぜー。終わりが見えないぜー。