夢の中で逢いたい。

4月ですね。ご無沙汰しております。
転職したてで役立たずなのは当たり前なのに、
あまりの役立たずぶりにベコベコに凹んでいるかみおです。
そもそも通勤が……覚悟はしていたが……川崎から更にバスって……。
言うまい言うまい。言葉にしたら心が折れる。
えっと、頑張ります。

今回はちょっといろいろ精神的にも肉体的にもアレな感じで、
先々週は前職のやり残し業務を一気にアレしようとして残業続きだったし、
それでもうまいこといかないとかで未だに心配で胃が痛い感じで、
先週末は実家の法事で親戚が集まって、毎度のことながら胃が痛くて、
先週はやり残し業務を断腸の思いで手放して胃が痛くて、
部署の送別会があって胃が痛くて、そんな体調のまま新しい会社で胃が痛いっつー。

ちょっとねー、生活リズムできるまではしんどい日々が続きそうですねー。
でも嬉しいニュースや幸せな出来事もいろいろあるから頑張れるよ。
バランスが大事ですねー。

そんな感じで、創作も勉強もとてもじゃないが手につかない状態な上、
年始でみなさん忙しくて特に遊んでくださる方もみっかんないので、
こんなときの気分転換にはカードゲームがイイヨネ!
ってことで、積みゲー崩しをしました。
カードゲームはね……面白そうって買うのはいいんだけど、
ルール把握して覚えるまでがちょっとひとふんばり要るのよね。
で、結局オニリムばっかやってたんですけど。
その、オニリムと同じとこが出してるやつをプレイしてみました。

P4050560
ウルビオン。
やっぱ絵が好きだなー。オニリムも絵が好きだよ。

P4050558
夢の都ウルビオンで、良い夢と悪い夢の均衡を保つゲームです。
良い夢だけでも、悪い夢だけでもダメっていうのがすき。
あ、山札の置き場所は適当です……。捨て札も適当にしちゃう。
どうせ一人ゲームだし、自分にわかればいいのです……。
(でもオニリムのプレイ動画UPしてる方のコメントで、
捨て札の位置とか山札の位置とか突っ込んでる視聴者さんいるよね。
決まってるモンなのかな。プレイヤーがわかってりゃいいじゃんね)

とはいえ、オニリムもウルビオンもぜんっぜん勝てませんけどね!!!
ウルビオンは特に、数字見て計算しながらプレイしなきゃいかんから。
平均プレイ時間15分とか書いてあるけど、
オニリムもウルビオンも15分で上がったためしないです……。

基本的にぼっちなので一人用カードゲームもっと増えろと思ってますが、
思ってる割にそんなにゲームも持ってないので、
一人用ゲームでオススメあったら教えてくださいませ。
ひつじ増やすやつも気になってるけど買ってないなー。
いや、一人用ゲームのオススメもだけど、少人数ゲーム一緒にやりませんか……。
一緒にやる人がいないだけで少人数ゲームはいっぱい持ってるんだよ……。
特にヘックメックやりたい……(もう2年ぐらい言ってる)

とか、言いながら、今夜も夢の都に旅立つのでした。

神経衰弱。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ステッドラーの色鉛筆を買ったら神経衰弱カードを貰ったというか。
神経衰弱カードを貰えるから色鉛筆を買ったというか。
なんだこのステッドラー神経衰弱カードは。可愛すぎる。

神経衰弱といえば、実際わたしの頭の中もこんな具合です。
いや、情緒不安定とか、神経が衰弱してるとかではなくて。
あっちこっちを引っくり返しては、あーじゃないこーじゃないと。

もうちょっと、なんか、この、バカの壁(違)を超えられたら、
っていうところではあるんですけど。
取っ掛かりはあるのに、どーもつかめていない感じがして。

紙くずで部屋が散らかります。火の用心。

ウルビオン

131026_1026~001.jpg

オニリムの人が作ったカードゲーム。
だいぶまえに買ったやつがやっと届いたの。
また夢の世界でいろいろするらしい。
カード捲ったり並べたり。うむ。
相変わらず1人用ゲームで、2人用ルールはおまけです。
基本ゲームのほかに、追加ルールが2個ある。
日本語訳のルールブックがちっちゃいカラーコピーの添え物しかなくて、
あー、英語の文章に親しんでおいて良かったとこんなところで思うなど。

オニリムより複雑で、いろいろ考えないといかんみたいだ。
1回プレイしてみようかなーと思うけど、まあ、検定終わってから……。
箱にはプレイ時間15分て書いてあるけど、日本語訳には20分て書いてある。
つまりわたしがプレイすると40分かかるということだな。

このゲームの絵が好きだよー。
もっと作ってくんないかな!

孤独カードゲームとふせん地獄


オニリム、面白いよ。ルール難しいけど奥深い。
基本ルールだけでも十分難しくて面白いんだけど、
これは初めから拡張ルールが3つ用意されてるからな。
まだまだ基本ルールで遊ぶのが精一杯だけど、
それで物足りなくなってもまだまだ遊べるぞってゆー。
ルール間違えずに処理できるようになったらオニリム配信するつもりです。
わーい。そんなことより作業はどうしたよってな!
留守にしますって言ってたTwitterにもなんだかチョコチョコ出没してるし。
すんません。なんかいろいろ、押しつぶされそうで逃避しちゃう。だめだなー。
相変わらずふせん地獄ですが、なんとか深く広く思考が出来ています。

ふと思い立って2008年5月のブログ記事読んでみたら、
「Atomic Dust」と「GOP」っていう作品の制作で鵜川と揉めてやんの。
「この2作品は鬼門だ、喧嘩が絶えない」とか書いてんの。
いまはその2作品を一部とした、もっと大きな話しを黙々と進めてる。
鵜川の助けがなかったらきっとこんな壮大な物語は追いきれない。
もちろんナナメ土井や永森さんやケンさんのヘルプもあってこそ成り立ってるけど、
それでもどうしたって、ウシロノヒト・鵜川がいなければ成り立たないのだ。
確かに、私の考え事の創成期を一緒にすごしたのはK/Tだし、
今あるものの基盤を創ったのも、鬼門の2作品を一緒に練ったのもK/Tだったけど、
あれは本当に、入り口の入り口のもっと入り口に過ぎなかった。
K/Tはそして、それを私と創りあげることを選ばず、旅立っていってしまった。
特に望んだわけでもないのにウシロを継がなければならなかった鵜川は、
それでも彼なりに懸命に「ウシロ」であろうとしてくれて、その上彼らしさを失わない。
しかも、一緒に考えてくれて、アドバイスをくれて、時には辛辣に批評してくれて、
オニリムやってれば「なんでそこでそれをあー!!!」とか言ってくれる。

2008年っていうと、5~6年前か。まだまだ、きっとギクシャクしてた。
まだ鵜川をウシロとして認めていなかったし、ナナメ土井の立場も今とは違ってて、
永森さんも昔負った傷と向き合うことでボロボロになっていた。
どうしたら最善のバランスを取れるだろうかと考える一方で、
それぞれがそれぞれとして、向き合ったり背負ったりしなければならなかった。
そんな中で、私は展示発表活動なんかを始めてしまって、走り出してしまって、
父が突然亡くなったりとか、まあ、いろいろあったりなんかして。

なんだか全然、人間関係として発展も向上もできてない気がしてたんだけど、
むかしの記事読み返してみると、そうでもないなーってしみじみしてしまった。
最善のバランスなんか、保とうとして保てるもんじゃないんだなー。

なーんて、思ったところで、ふせん地獄に戻りますかねぇ。

フォーメーション

131009_2349~001.jpg

ナナメ土井に似ている……。

最近カードゲームとかボードゲームとかが熱いの。
一緒にやる相手はいないけど、カードとか駒を眺めてるだけで楽しい。
二人用だとたまにウシロが相手してくれる。
こんど一人遊びできるゲームで配信でもやるべかと思ってるんだけどね。
しばらく忙しいから、息抜きにでも。

ナナメ土井がしばらくウシロの代行をやると聞いて嫌な予感しかしない。
早めに復活しような、とウシロと誓い合っていたら「どういう意味だ」と怒られた。
そういう意味だよ。

マンマミーア!

131008_0031~001.jpg

あー、とびっきり美味しいピッツァが食べたいねぇ。
Vorrei mangiare una pizza!!!
ピザ食べたい!
イタリア語はこれしか覚える気がない。
真面目にやんなさいよって言われとるけど。
真面目にやるのは今のところ英語と日本語だけで手一杯だよ。

昨夜はYFEのMEET&GREETに参加してきたんだけど、
英語が聞き取れるのに話せないモヤモヤでギャーってなりました。
でも何とかミス・イザベルと濃い話ができたからよかったです。
あー、もっと頑張ろう。

ちょうど昨夜、上祐さんからメッセージ頂いたので、
英語聞き取れるのにしゃべれないーなんて話したら、
「練習するしかないからねぇ」ってことでした。
ですよねぇ……。
練習ったって……練習ったってさ……。

2日間も英語を話そうとして頑張ったせいか、
昨日は日本語までやや不自由になりましたよ……。
やれやれ。

まあ、いろいろ追い込まれたけど、結局自分の考え方や捉え方の誤りだったと気付いた。
恥ずかしい。
何とかゆっくりでも立て直したい。
振り回されているようで、自分が空回ってるだけなのかも。
碇をおろすのはいいけど、上げるタイミングも考えなきゃ振り回されるのは当たり前だわな。

まあ、今はともかく美味しいピッツァが食べたいです。
パスタでもいい。
いや、実際には食べられる体調じゃないけど。

非電源ゲーム

130920_1939~001.jpg

イエローサブマリンに「キャットファーザー」があったので査収。
非電源ゲームってのは、カードゲームとかボードゲームの類いのことだけど、
まあわたしはあらゆるゲームが苦手なんですよ。
ところが、いつだか落ち込んでた時に、
ヘックメックとかノイとかを教えてもらってかなり笑ったので、
それ以来単純なやつなら好きになったの。
カタンなんかにはさすがに手が出ないけどねぇ。

わたしは一人なら何時間でも紙とコーヒーで潰せるけど、
もし誰かと一緒だったときに必ずしも沈黙に耐えられるとは限らないのよね。
お互い黙っていられる相手なら、ただみんなして読書とか出来るけど。
わたしはどんな会話でもどんな相手でも会話が苦手だから、
ずっと話をし続けなきゃいかんのはイライラしちゃうわけ。

で、なんかいい方法ないかなぁと考えてるうちにゲームにたどり着いた。
いや、なかなか侮れないんだよ、こういうゲームは。

ルールブック読むだけだとめんどくさく感じちゃうんだよね。
実際にカードとかコマとか動かしてみないとなかなか理解できない。
「キャットファーザー」はカード20枚の2人用ゲームだからシンプルだけど、
カードの絵柄も可愛いし実際にプレイしたら面白そう。

こういうゲームは、まず教える側が上手に教えないとイヤになっちゃうじゃない。
だからわたしは初め教えてもらった時に良い人に教わったんだなって思う。
11月のゲームマーケットにも行こうかなぁ。