悲願の。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「ムカデ人間2」を借りました。わーい。
もう本当どこ探しても無くて、どうせグロだし発禁にでもなったかと諦めてましたが、
いつも行ってるTSUTAYAが棚変えして、作品が入れ替わったので期待して探したら、
あったー! あったよー! 1も2も2本ずつ置いてくれてる! 素晴らしい!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あまりに嬉しかったので、使命感に駆られてカレーを作りました。
ローソンのシールを集めて貰ったミッフィーのカレープレートも大活躍。
食べながら見る勇気はなかったので、新作予告を見ながら食べたけど、
新作予告もぜんぶことごとくグロだったので笑っちまいましたよ。

見終わった感想としては、だいたい前作と同じで「雑で可愛い」って感じでした。
もちろんグロだし、痛くて汚い過激な描写だらけですけど、全体的に可愛い。
前作よりも描写は過激です。
主人公マーティンには精神的にだいぶ重いバックグラウンドがあって、
肉体的にも精神的にも痛い場面はたくさん出てくるので、
心臓の弱い方や体調のすぐれない方はご注意くださいって言われるのも納得です。

それにしてもなー。
もとはといえば、前作でヨーゼフがあんな適当にホチキスでバチンバチンやるんじゃなくて、
もっと緻密な計画を立てて繊細に超難しい医療手術っぽくやっておけば、
マーティンだってあんないい加減にバチンバチン繋げようなんて思わなかったんじゃないのかと。
あと作中何度も「医学的に可能」って言葉が出てくるけど、
「人は人の排泄物を摂取するだけでは生きていけない」ということに早く気付いてくれよ。
3人だって最後尾の人は栄養失調になったのに、12人つないだら最後尾まで栄養届きません。
ぜんぶヨーゼフが悪い。もう、ばか!ばかヨーゼフ!

ところで、ほんとにヨーゼフ画伯のムカデ人間イメージイラストが大好きです。
いいかげんすぎる。
「人間をつなげたい!」っていう熱意のわりに計画と設計図が超雑なところが素晴らしい。
あと、ムカデ人間の繋がってる前後の人同士に芽生える友情も好き。
手を握り合うところなんか、前作でもあったけどぐっときますね。

「ムカデ人間3」も撮影中だということなんですが、次回も雑で可愛い映画であることを祈ります。
人と人との繋がりを大切にするシリーズです。幸あれ。

人と人の繋がりは大切。

PA241940
人と人の繋がりを大切にする映画をレンタルDVDで観ました。
とても心温まる映画でした。オススメです。オススメか?

「ムカデ人間」。ね。うん。……ね。
これはどういうジャンルなんだろう。
ホラーとかスプラッタとか言うのも何か違う気がするんだ……。

2009年の映画だし、もう色んなところに出尽くしてるから、
ネタバレとか気にせずにいろいろ書いてしまいますけども。

いいね! 低予算って素晴らしいね! よく知らんがどう見ても低予算だろ!
3部作っていうのもいいよね。なんだか、色んなものが湧き上がるよね。
会社近所のTSUTAYAには、2作目は置いてなかったんだけども。
2作目は本当に色々アレらしいけど、まあ、私は観たいよ……。
「人形-ギニョル-」を読んだ直後にこういう映画に出会うっていうのは、
もう宿命じみたものを感じます。人体を痛めつけるところしか共通点ないけど。

覚悟して観たわりには、あんまりグロテスクな表現はなかったかなあ……。
手術のシーンも、わりとサックリサクサクだったし。
あそこはもうちょっとこう、感極まる感じにグチャグチャとやって頂いても私は一向に。
真ん中になるお姉さんが手術前に脱走するシーンで、
点滴刺さりっぱなしで走り出したからビリーなってビシャーなった所が一番痛かった。
でもあれが一番痛いぐらいだったんだ。もっとこう、こう、もっと、って思ってしまった。

印象的なのは、ムカデ人間の完成後、ムカデ人間が絶望で号泣&博士が感動の余り号泣ってシーン。
あそこは思わず爆笑した。笑うところかようわからんかったけどとりあえず笑った。
「え、ここ笑うところ?笑うところだよね?」ってシーンはいっぱいあるけど、
笑っていいのかどうか迷って、結局ニヤッとする程度でおさまっちゃう。
でもあのシーンだけはダメだったよ……。
はじめはわりと何ともないのに、だんだん笑っちゃうの……。

あと、だいたい全体的に雑だった。何がって、まあ、いろいろ。特に博士が。
「すきなものだけでいいです。」-『ムカデ人間』
このブログさんが一番よく説明してくださってます(雑ポイントを)

なんていうか、まあ、要するに人を繋げてみたかったんだね!
いいんでしょ、もうそれだけ伝わればいいんですよね。うん。いいんだよ。
「ムカデ人間2」も観たいけど、会社近所のTSUTAYAには置いてなかった。
か、買うのもちょっとなぁ……。探すのも……ちょっとなぁ……。
まあ、そのうちどこかで見つけるようなことがあったら観ます……。

個人的に、自分の考え事や創作に繋がる部分で少しずつ拾い物をしたんですが、
この拾い物をヒントにして、2,3と観てみたら、何かしらか展開ありそうって思ってます。
あ、3は今製作中だそうですねー。ほんとにやってるんですねー。へー…。
……500人とか……やめようぜ……。
最後尾までどうやって栄養もたすんだよ……(そこ。

アットホームなほのぼの映画でしたよ!ほのぼの!!!
夕飯たべながら観よう~って思って、
用意した夕飯がカレーライスだった時には、絶望の淵に叩きつけられましたがね!!!

園子温「希望の国」

130912_2201~001.jpg

座禅会で和尚さんに勧められた映画借りてきて、観ながら爪塗った。
こんなにボロボロ泣きながら爪塗ったのは初めてだ。
胸の奥底から絞り出すような涙が止まらない。

爪を塗ったのは、ちょっと武装しないと挑めないことがあるから。
どうしたら、わたしはこんな下らない武装をしないで立ち向かえるようになるのかなぁ。

この映画を観て、初めて知ったことがある。
私が昨日立ち上がれなくなったのは、疲労のせいなんかじゃない。
怒りのせいだ。
とてつもない怒りだ。
でもこれは突然わいたものじゃない。
ずっと、ずっと、何年もかけて堆積した。
だから、この感情の名前に、私は気が付かなかったのだ。
K/Tの死に気が付かなかったように。

このズレ。違和感。日々増していく現実感の稀薄さ。
なんだ、そうか、こんなにも激しい怒りの中では、私はあまりに無力だったのだ。

ねえ。
左右の足を交互に前に出し続けることさえ出来れば、どこへでも行ける。
どこまででも行ける。

バッド・エデュケーション


2008年の大晦日にも同じDVDの記事書いてたけど。

またバッド・エデュケーション観てました。ときどき無性に観たくなるのだ。
その割にはストーリーとかさほど覚えていないんですけど。
吹き替え声優みたら、なんかミキシン的な人がいた気がしたので、
日本語吹き替えでは観ないぞと心に誓いましたよ。三木さんは好きだけどね。

相変わらずこの映画は色彩が印象的。コントラストというか。
イグナシオ少年の歌声が胸に突き刺さる。
けど、この少年を見てるとなぜだかナボコフの「ロリータ」思い出します。
フアンのときも同じ感情になった気がする。単に年齢の問題か。
あるいは、その無邪気さ、無垢さの中に徐々に芽生えるいやらしさとか、
それでいて、一歩引いて冷めた視線とか、そういうのが重なるのかもしれない。
淫靡さや妖艶さを持ちながら、冷たい陶器のようでいて、
かと思えば熱い情熱だとか、子供のような無邪気さを持っている。
この相反するような、一枚の紙の裏と表のような、
そこにあるべくしてある矛盾とも言うべきものが、いつも誰かを魅了する。
同じようなこと前にも書いたな。

それにしても、ガエル・ガルシア・ベルナルのぽてっとした唇が大変可愛らしい。
今回もうずっとそこばっかり見てた。あと彼の泣き顔の可愛いこと可愛いこと。
フェレ・マルチネスも美人さんなんだけど、唇が薄い。薄いのも可愛い。
でもフェレ・マルチネスのほうが目が大きい。可愛らしい。
個人的には唇は薄いほうが好きです、情が薄い感じがして素敵。
昔は違ったんですけどねぇ。なんのこっちゃ。

そして、この映画のラスト・シーンは本当にすばらしいです、切なくて。
まぁ、今の私は、つい数ヶ月前にあった出来事を思い出すので(笑)
なんとなく前に見たときとは違った感想を持っていたりなど。
やっぱりこう、作品に対する感想とか評価って、
受け取る側のコンテクストっていうのが当然大きく関わるもんなんだな、と。
改めて思ったりなど。しました。ははは。

ところで、やはりスペイン語を話す美人はいいもんですね。
また観たくなったら観るので、また同じような記事書くかもしれません。

◆「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版」

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 [DVD] 装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 [DVD]
(2009/05/26)
郷田ほづみ長嶝高士

商品詳細を見る

先日、ご主人様と一緒にDVDを見たのですが、
なんというかこう、ストーリーが……ストーリーが……で、
通してみるのはかなり辛かったです……わ……。
ただ聞いたところ、
ATいっぱい!きゃっきゃ!っていう映画だったらしいので、
見所をそこに限定すればきゃっきゃできる映画ではあると思います。
劇場で見るもんではないよ……。
ペールゼンのキリコらぶらぶ具合が相変わらずで、
見てて若干イヤになっちゃいますよ。
なんか、単にペールゼンの惚気話を聞いているだけのような気がする。
ペールゼンファイルズって、結局キリコのスクラップブックでしょ??
IMG_5386.jpg
↑うちの犬たちは戦士への道を歩んでいます。

◆「サウンド・オブ・ミュージック」-ロバート・ワイズ

サウンド・オブ・ミュージック [DVD] サウンド・オブ・ミュージック [DVD]
(2008/10/16)
ジュリー・アンドリュースクリストファー・プラマー

商品詳細を見る

昨日BSでやってたので食い入るように見ていたら落ちた映画。
いや、昨年10月以前は元気のない時に元気を出すために見る映画だったんだけど。
佐藤家ではとってもウエイトの重い映画であるだけに、
まだ心の整頓のつかないウチは不用意にみちゃいけないなと思いました。
日曜日、父の遺骨を海にまいてきます。
父と一緒にエーデルワイスを歌った記憶とか。
音楽一家だったので、父との思い出は音楽とともにあることが多いです。
カラオケもよく行ったな~。しばらくカラオケは辛いです……。
ストレス発散には一番いい手段のはずなんだけど、今は本当無理。
昨日見たこの作品は、字幕がちょっと違っていて、
だいぶ会話のニュアンスとかも私が見てきたのと違ってたんですが、
まあ、あれはあれでアリかな??と思いました。
私はこの映画で出てくる、
「隠れていても何もはじまらないのよ、立ち向かうの!」
っていう言葉が大好きです。
大好きなだけで、実践はなかなかできないんですけどね~

◆「ダンサー・イン・ザ・ダーク」-ラース・フォン・トリアー

ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD] ダンサー・イン・ザ・ダーク [DVD]
(2001/06/21)
ビョークカトリーヌ・ドヌーブ

商品詳細を見る

もういっちょ大好き映画レビュー。
これは大好きと言うよりは中毒になった映画です……。
今年は何かにつけてニュース見ながらこの映画を思い出していました。
サントラも一時期憑かれたように聞いていました。
モノクロームのような世界。
セルマ(ビョーク)の歌声にだけ色彩が溢れているようで、不思議な気持ちになった。
ドキュメンタリーのようでもあるんだけど、昔のミュージカル映画のようでもある。
ショッキングな展開よりも、むしろその映画の中の「色彩」に心奪われた。
ちなみにビョークの談によると、
映画の撮影中も頭の中に音楽が溢れていて、気が狂いそうになった。
もう二度と女優の仕事はしないと思う。
とのこと(^^;)
でも彼女の歌声と演技があればこそ、この色彩が出てきたのだと思う。
私がビョークを聞くようになったのもこの映画がきっかけです。
まぁ、でも、あんまり人に勧めたりはしないんですけどね……。

◆ 「バッド・エデュケーション」-ペドロ・アルモドバル

バッド・エデュケーション [DVD] バッド・エデュケーション [DVD]
(2005/11/25)
ガエル・ガルシア・ベルナルフェレ・マルチネス

商品詳細を見る

うっかり居候先に忘れてきてしまったんだけど、この映画が見たい。
見ててきゅっと苦しくなる。切ないというのかな。
映画の中の色彩がとても鮮やかで、それはまるで南国を思わせるような。
それすら胸を苦しくさせる。
醜いものと美しいものは常に一緒にある。一枚の紙の表裏のように。
ラストシーンを見ながら流した涙は、もらい泣きだった。
……なんか、大晦日に大晦日っぽい記事を書くのも悔しくてDVDレビュー。

レディオ体操

最近、ラーメンズの話のできる友人ができたので、
次に逢うときに一緒にやろう! と言っているレディオ体操を復習する。

↑このDVDを見るのです。
佐川急便さんが集荷にこないのです。まだかなー。
今夜中に、逃亡部に一個アップするつもりです。
なんか今、すごい真っ白なページなんで。