柱は三本だと思っていたのに伏兵が居た。

始まれば終わり、終わればまた始まる。
例え若しまた始まったとしても、それは又いつか終わるものであって、永遠ではない。
そしてその終わりも又永遠ではなく、又再び始まる。
始まりと終わりはこうして繰り返され、それはまるで一つの輪の様に連続してゆく。
其処には始まりも終わりも無く、ただ連続とだけ呼ばれるかのように見える。
生命の系譜が種の存続によって語られることに、此れは似ている。
種が存続している限り、ひとつひとつの生命の終わりなど、それはもはや「死」ですらないのだ。

『エスタリオ・デルマンの著述』

***

そしてまさかその伏兵がぎんだとは思わなかったので。
久方ぶりの、大興奮だったりするわけですが。

うーん。

こまったこまった。
こりゃーこまったよ、心と体が持たなくなりそうだ。
気をつけて休みながら創ります。はい。

甘えとか。


思いがけず、最近この猫目猫耳のぎんが前に出てきている。
ぎんを作品に出すつもりはなかったし、そもそも写真に残すつもりもなかった。
なんとなく、流れで作ってしまったので、彼女自身も大して自我を持つことも無く、
ただ「そこにいるだけ」のお人形として、居ただけなのに。
いつから、とか、そういうことは何も覚えていない。
作ったときと同様、いつのまにか、彼女はレンズの前で語り始めた。
彼女の声は、真白や白夜たちと比べたら本当に本当に微かなもので、
よくよく耳を澄まさないと聞こえないのだけど、とても、強い。
私が向き合うことを躊躇しているスイの声よりも、もしかしたら、ずっと強い。
私を待ってくれているスイとは違い、ぎんはぐいぐい引っぱってくる。
逃げることは許さない、そんな風に。
だから私は、決して逃げないよ、と語りかけながら、彼女の視線に答える。

急遽、3日からの自由ヶ丘でぎんの写真を飾ることにしました。
いままだ製作中なので、もしかしたら搬入に間に合わないかもしれないけど、
その場合は、途中で掛けかえさせて頂くつもりでいます。
まさかね、ぎんの写真を飾るようなことがあるとは夢にも思わなかったけど。

そういうこともありつつ、ちょっといまパンクしそうになってます。

教習所はまあ、いつかやらないといけないことだから今やってるんで、
誰かに文句言うようなことじゃないけど、体は当然きつい。
仕事のほうも最近妙な感じになっていて、上司との関係とか時間の配分とか、
どうにも上手くいかなくて日々唸って過ごしている感じ。
ちょっと前の感じだったら大丈夫だと思ったんだけど……なんか急に……。

いや、わかってるんだ、自分がこういう体質だってことぐらい。
私が何か大変なことを始めると、比重が軽めだった方がガクンと重くなるんだよ。
うん、今までもそうだった。だから多少は覚悟してた。
でもどっかで「もしかしたら今度は大丈夫かも」って思ってた。それがまず甘え。

あと、インプットとアウトプットのバランスがまたおかしくなってたことに気づいた。
アウトプットばっかしてインプットしてなかったもんで、
水遣り忘れた多肉さんのごとく、いろんなとこがシオシオに。
そんで、またインプットをちょっとずつ始めたら、
今度はアウトプットするだけの余裕が自分になくなってて根腐れ状態だという。
どうしろと。
これまたバランス取れるようになるまで大変だ。
そんなとこにきて、ぎんの「お話聞いてよ」が始まったりなんかしてね。ははは。

そんなこんなで、疲れ果ててはいるんだけどさ。
それで突然泣き出したくなることも最近多くてさ。
そんでも、それを取り繕ってニコニコ笑ってればそれで済むのに、
つい不機嫌な顔をしちゃうのは、これまた私の一番の甘え……。
たまったもんじゃないだろうな、とは、思ってるんだけど。
素直に謝れもしなくってさ。もっと大人にならんといかんなって、思ってます。

とりあえず、私の冬の必需品、ココアを買ってきましたよ。

開店休業。

私が岩手に行きたがる理由を考えてるけど、やっぱり「自分探し」しか思い付かない。
自分のことしか考えてないからボランティアさんと鉢合わせるとちょっと後ろめたい。
かもめのたまごが好物だから沢山買う、人の話を聞くのが好きだから仮設の方と話をする、それだけ。
それが遠ければ遠いほど何かの意味があるような気がするし、考え事が捗るような気がするから。

まこと手前がってなことだ。わたしはただ自分の初心を探しまわっている。
彼とは上海で別れた。その後は知らない。
彼はまだ上海で暮らしているかもしれないし、タイにうつったかもしれない。
でも私が惹かれるのが岩手なので、岩手にいるかもしれない。
わたしは、私の初心に再び出会うために、ふらふらと旅をしている。
旅をするように、生きている。

結果的に、私はちょこっとだけ岩手でわたしの初心と再会した。
でも、それは風が頬をかすめていく程度の再会で、確信を得るものではなかった。
それでも、確かにそれは再会であったので、私は東京に帰ってもなお岩手に惹かれる。
しかし私が次に岩手を訪れたとき、まだそこに彼が居るかどうかはわからない。
私の半身たちは、この短い人生のうちにボロボロと私の体や精神を離れ、
世界中のあらゆる場所に散ってしまった。
わたしの初心は、10年前にポロリと落ちてしまった大切なものだが、
それでも彼もまた、何十、何百にも分かれてしまっているやもしれず。
私の旅に終わりは見えない。

どこにでもいて、どこにもいない。

私自身も、また、私の半身たちも、どこにでも存在するが、どこにもいない。
同時に、どこにもいないけども、どこにでもいる。
ああ、ああ、そうか、と、私は思う。
こんな存在同士の再会など、風が互いに触れ合うようなものだ。
だからあれは確かに、私の初心か、あるいは、初心のかたわれだったのだろう。

昨日、久々にのた打ち回るほどの生理痛に見舞われてしまった。いつ振りだろうか。
起き上がれないどころか、身動きもとれず、時々気を失いながら。
辛かったし痛みに耐えるのでかなり疲れたけれど、1日寝て過ごしたのも久しぶりだった。
疲れがとれたとか、体調がよくなったというのはないけれど、
ただ、本当になにもせず、何も考えずにひたすら寝て過ごしたことが気持ちよかった。
創作のことすら考えなかった。ほんとうになにも考えなかった。
今の私に必要なのは、そんな時間なのかもしれない。

ところで、スネオヘアーがちょっと好きになりそう。

ふにゃぁ。ちょうしがわるい。


もうちょっと何とかなるだろ!何とかしろよ!
って、両肩をつかんでガックンガックンしたくなるような写真見つけた。
なにがしたいかはわかるけど!もうちょっと何とかしろよ!ほんと!

あ、これ、月兎耳(つきとじ)っていう多肉植物です。育ててます。
いや、うちのベランダに居ます。勝手に育ってます。多肉なんてそんなもん。
こういう、毛の生えたやつ好きなんですが、雨上がりは特に好きです。
多肉植物は延々何時間でも眺めていられるので大変です。
それで会社遅刻しそうになったりする。あむない。

今日はどうも心身ともに調子の悪い日でした。
月のもののせいだと解っていてもやっぱりしんどい……。
一時は「月のもののせいだから」と割り切ってのんびり過ごせていたんですが、
最近はまた「調子が悪い~だめだ~!」ってイライラしちゃってます。うーん。

体に余裕がなければ心に。心に余裕がなければ体に。
栄養を与えてのんびりしてあげれば、
おのずとバランスがとれてくるってことは、わかってるつもり。
だけど、どうにも難しい。理由は簡単で、常にどっちも崖っぷちだから。
最近はとくに……。
片足が落ちてる日と、なんとか両足が地面に着いてる日、の違いしかない感じ。
今日は両足落ちかかってた……気がする……。

せっかくカナダのYFEが来てて、新宿で会えるはずだったのに、それにも行けず。
調子悪いとあれもこれも出来なくなっちゃう。
今日は制作はお休み。言葉が浮かんだらメモする程度にしました。

やっぱりどうしても、がっつり制作しようとすると自分のキャパを越えてしまうま。
平日フルタイムで会社行って働いて、家事して、教習所行って、好きな人のことで悶々として。
それ全部の土台にあったり、それ全部から出てきたりするのが創作であるはずなんだけど。
だからこそ、こう、会社が終わったらもう会社のこと考えたくないし、
仕事のこととか会社であったこととか会社の人のことなんか忘れたい。
じゃないと持たない。心も体も。でもそれが何だか最近出来てない。たぶんこれ原因。
朝会社に入ったらONになって、会社出たらOFFになるスイッチが、ちょっと調子悪い。
通勤短いせいかなーとも思うんだけどね。さすがにドアドアで5分じゃ切り替えできないのかも。
でも通勤時間もったいなくてここ借りたんだけどなー。仕事の後散歩するようにしようかな。

だけど、前みたいに「創作だけやりたいから会社勤めしたくない」とか、
「創作だけで食べていけるように作家として成功したい」とか、そういう考えはない。
私には会社勤めすることってかなり重要。正社員で働ける口があったらいいなと思う程度には。
私は協調性ないし、計画性ないし、忍耐力もないし、会社って場所はそれを勉強できるうえ、
一日中パソコンいじってても叱られないし、さらにお給料まで頂ける。すばらしいとおもう。
あと、社会とのつながりを絶ってしまったら、私の創作は成立しない。深まりもしない。
うわっつらだけのものになってしまう。いわゆる狭義の「アート」「芸術」ってやつとは違う。
もっと土くさくて、汗臭くて、泥にまみれたようなものが私の創作だと思う。
上澄みのようなきれいなものなんか作りたくもない。
それが正しいとか間違っているとかではなく、私にとって意味が無い。それだけ。

だから、つまるところこれは私の時間の使い方と、心と体のコントロールがまずいのですよな。
まー、心のコントロールが上手かったらうつ病になんかなってなかったと思うけど。
でもそれ治したんだから上手くなっとけよっていう。いやはや。

DFGアートピースに作品設置しました。


カフェがハロウィンになってて可愛かった。
今日は奏さんとDFGのアートピースに作品設置に行ってきました。
「王の風葬」の中から1枚飾ってます。
ようやく文章に起こせた「王の風葬」のストーリーも、
リーフレットにして置いてあります。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。


お人形を撮ったのもひさびさです。
今年はずっと考え事ばかりしていたので。
奏さんの目ヂカラは健在でした。頼もしい。
しかしこのアホ毛も健在……なんとかせねば……。

今日は設置の後、お友達と初めての猫カフェでにゃんにゃんしてきましたよヽ(*´ー`)ノ
すごく癒されたー。まったり出来て楽しかったです。
最近、遊んでくれる女の子のお友達が増えてうれしい。
大学時代の友達ともなかなか遊べないしなー。また遊びたいなー。
「友達と遊ぶ」っていうことが、そもそも一大イベントってほどヒキコモリなので……。
久々に遊び疲れたのでちょっと気分がよいです。
この気分のままポッドキャスト収録しようと思ったら、声が出なかったというwww
どんだけ私ばっかりしゃべってたんだw ごめんなさい(苦笑)

展示は29日までです。よろしくお願いします。

ビッグオムライス

111021_1216~001.jpg

会社の近所でこないだ食べた。
茶碗二杯分ぐらいのケチャップライスだったけど、
たまごはふわとろだし、
ケチャップライスにまざってる緑色がグリーンピースじゃなくほうれん草で感動した。
ゆでたグリーンピースはどうしても食べられない。

ケチャップのぐるぐるが不器用なのもいい

ぷはぁ~

「Wingless Wind」の1枚で、白夜さんの肖像を、でっかいパネルにしてました。
斜めの線が写りこんでるせいで、どうやっても曲がってる気がする(笑)
いや、実際曲がってるのか……いやいや測ってみるとそんなことないような……。
やっぱ根性曲がってるからかな~w なんて思いながらもw
自分なりにまっすぐにしてみたつもり! 今の私の精一杯のまっすぐ!

途中、何度か息切れして休憩とったんですけど、
今ひと段落ついて、インスタントの味噌汁飲んでます(笑)
やっぱ日本人は味噌汁よねぇ……。

あともうちょっと仕上げして、そしたら運搬のこと考えないといかん……。
パネルバッグなぁ……。買うなら作るわ!とか思ってたけどどうもね。
材料買っても、作る時間と体力捻出できるのか? とか考えてしまうと、
既製品買ったほうがいいんじゃないかと思ってしまって、材料すら買わずにズルズル。
そしてモノが必要なタイミングが刻々と近づいてくるという。
送っちゃうって手もあるけどにゃー…。

と、A1の木製パネルとにらめっこしております(^^;)

それにしても、白夜さんの肖像と向き合いながらYFEのアコースティックライブ音源聴いてたら、
ぐるぐるとものすごい勢いで頭の中で景色? 風景? が回り始めちゃって、
いやー、大変だったー、そりゃ息切れもするわっていうか……。
ふらっふらになったりしたので、割と本格的に休憩しないと次に取り掛かれませんでした。

いやぁ~、味噌汁がしみるなぁ(笑)

オウムが猫をもふもふする動画。

こんなん見てたらこんな時間だ!!!(自業自得w

今日は仕事の後にダンススタジオ行って独りで踊ってました。
うそ。踊ってません。ずっと基礎練習とストレッチしてました。
でも久々に体動かしたから、肩こりとか軽くなっていい感じ!
ひさしぶりに気持ちよくお腹がすいたので、焼きうどん作って食べました。
お野菜たっぷりでうまし!ヽ(*´ー`)ノ

それからちまりちまりとイロイロ作業したり、イロイロイロイロ……。

23日から原宿DFG WESTのアートピースでちっちゃい展示やるので、
そこで配るリーフレット印刷したりとかしてました。
旧作ですけど、ちょっとした進展があったので。
「Wingless Wind」で書いてるような文章を書いたのです。
29日の夕方ごろまで置いときますので、お近くにお越しの際はお立ち寄りくださいませ!

インク補充

111018_2341~001.jpg

最後にインクを一滴返すのが、儀式のようで好き。

初めてウォーターマン買って頂いた時におまけでもらったカートリッジ12本使いきったので、ウォーターマンは両方ともコンバーターになりました。
二本目買ったときにキャンペーンで、緑と青の瓶インクもらってしまったのです。
だから瓶インクは初めに買って頂いた緑と合わせて3本ある。
いっぱい書ける。
メトロポリタンには緑詰めてるので、エキスパートに青を詰めました。

やっぱりペン先のインク詰まりとか考えると、いまカートリッジで使ってるカヴァリエもパーカーもコンバーターにしたい。
カートリッジはあくまで予備にしたいなー。
まあ、持ち歩いてる筆記具の本数が本数なので、滅多なことではインク切れで困るなんてないですけどね(笑)