スカイツリー。

昨日、稲城から実家に移動しがてら、浅草に寄ってきました。
田原町に「町のイタリア カルド」っていうイタリアンのお店があって、
そこのパスタが美味しいと聞いたので、食べたいなと思って。
先日府中2りんかん前のお店でピッツァマルゲリータ食べてから、
ちょっとおいしいパスタとかピッツァを食べたくなっているです。

もともと、「外食」っていう習慣がなかったので、
あまりお店とかよく知らないんですが、最近ちょこちょこ食べ歩いてます。
でもやっぱり、こじゃれたお店より立ち食いそばのほうが落ち着くんだけど(笑)
ただ、ギャラリーとか見て歩く機会が増えてきて、
「外食」に慣れていないがためにお店に入れず、家に帰るまで断食、
なんてこともしばしばなので……改善しようかと……。
せっかく出掛けていったのにマックとか牛丼とかで済ますことも多いし(苦笑)
まぁ、人見知りなんですよね……だからお店も怖くて入れない……。
好んで入るのは、インド人のやってるカレー屋さんです(笑)
外国人がやってるお店とか、外国人のお客さんの多いお店は気兼ねなく入れる。
だから一人で飲みたいと思ったら、だいたいHUBに入ります。
HUBは面白いですよね。隅っこで気配を消しながら飲むのが好きですw

ていうか、ほとんど「一人で」食べるとか飲むとか前提なので、
そこに誰かと行くってことを想定しておらず……。
……連れがいるときは相変わらずお店に入れないさんに逆戻りだし、
誰かと食べに行こうって思うこともないからなぁ……結局ただの寂しい人です……。
私は好きだけど合わなかったら申し訳ないなとか思ってしまってね。
私が何事も一人でのんびりやりたいから、つき合わせるの悪いなあって思っちゃう。
だから友達できないんですけど!
でもいいんだ、何かのついでに遊んでくれる人がいれば私はそれで!

「町のイタリア カルド」は、中国の方がやってるイタリアンレストランです。
こじんまりと落ち着いた、たぶん民家を改装したお店でのんびりできます。
パスタは生パスタでもちもちでした。ソースも美味しい。
今後ちょっとあの辺界隈に用事が出来そうなので、
ごはんスポットを開拓したかったのですが、また食べに行きたいな。
浅草なんて観光地だから食べるところはいっぱいあるんですけど、
ああいう騒がしさが苦手なので、田原町界隈は静かでいいかもって思いました。
デザートも食べたかったけど、いろいろ押してたので今回はパスタのみ。

それから、浅草寺に寄ってお参りして御朱印を頂きました。
そしたら……「お経を書写もせず読経もせず御朱印だけ集めて回るようなことは遺憾」
と書かれた和紙を挟んでいただいていた……。
#御朱印いただくと、その上に吸い取り紙のせて下さるんですが、それが……。
書写はしてるけど、浅草寺には納経しなかったので、なんか、ごめんなさい……。

で、その後実家に帰って、近所の真言宗のお寺さんに納経に行ってきました。
7月ぐらいからはじめて7巻しか書いてなかったけど、数的にはキリがよいです。
あいにく住職がいらっしゃらなくて納経印頂けなかったけど……。
でも辰年の置物頂いた……ありがたい……。お部屋に飾ります。

ところで、大晦日ですな。
今日はのんびり、いろいろ考え事をして過ごそうと思います。

2009年に書いた小説の下書き

111230_2328~001.jpg

読み返すと本当に酷いのだけど、キーワードを拾い出すとそれはまるでジグソーパズルのピースのようだ。
しかも何枚もの絵が混じっている。

出来はどうあれ、頭の中身を文章に起こす気力がある状態というのは大変良好な状態。
だからそれだけの気力のない時期に読み返すとヒントが沢山詰まっていて重宝する。
できるだけこれからも書けるときには書こうと思う。

考えることは山ほどあるのに、それを整理整頓する余裕がなくて頭の中がごちゃごちゃしている。
作品発表そのものへの疑念はますます大きくなるばかりだ。
前のブログ記事を読み返していて、過去の私が言うことに今でも同調する。
私はただ投げ掛けるだけのものでしかなく、それそのものにはなんの意味もない。
私は幸福を生むことも得ることもなく、安らぎや癒しはあり得ない。
ただ泥臭く、血なまぐさいものを掻き回したり抉り返したりした結果を「作品」と呼んでいる。
それを公衆の面前に晒すことには、もはやなんの意味も見出だせない。
今一度、自分にそれを問うことが来年のミッションになるのかもしれない。

私が創るものが売れてほしいとも思わないし、それを仕事にしたいとも思わない。
労働もお金も好きだし、別に使い捨てにされても苦痛ではない。

「創る」ということに興味がなくなったわけではなく、単に今の状態に違和感しか覚えないだけだ。
私はいつからこんなことをやっていたんだろう。
そうじゃないでしょう、と頭を抱える。

いまはただ考える時間と余裕が欲しい。

世話を焼かれるなしのすけ。

 

なんか世話を焼いてる人たちが可愛かった。

***

長らく左手首の痛み(けっこうな激痛)に悩んで居るのですが、
冷シップとかしてると痛みが増すので、
もしやと思ってお灸やってみてます。
今日の昼間は動かすことも出来なかったのに、
ちょっとずつ動かせるようになってきたので、またもや冷え疑惑……。
こないだの胃痛も下痢も結局冷えだったからなぁ……。
からだは冷やしちゃいけませんね。

ピンキーさん。


ずっと探し求めていた彼女とイエローサブマリンで再会して査収。
↑この、上半身と下半身のパーツが微妙に合ってなくて、
気づいたらまっぷたつになりがちだったんだけど、
接合部にタミヤセメント塗って乾かして塗って乾かして、
ちょいちょい微調整したら合うようになりました。
カスタムにまで手を出すつもりはないんですけど、
それにしても長いこと遠くから眺めるだけだったピンキーさん。
うん、可愛い。

ストレスで浪費する傾向があるので気をつけたいと思いつつ、
最近どうもまた浪費癖が出てきております……本当気をつけないと。
長くお世話になった派遣のお仕事のラストが相当キツくて、
20日で終わったらそのまま年始からのお仕事までゆっくり休むはずが、
26~28日に急遽入ったお仕事によって疲れたまま今日になってしまった。
この3日間にこなそうと思っていた用事はもう諦めましたけど、
それにしても今日は本当に無気力に無為に過ごしてしまいました。
もちろん、この仕事を断らなかったのは私だし、お給料貰うわけだし、
困ったときはお互い様だし、結果人助けになったわけだから、
いつまでもぐだぐだと文句を言い続けるのもダメだと思うんです。
だからもうキッパリ気持ち切り替えて、年末年始の姿勢にならないとって。

それにしても、疲れた。
なんだか気持ちの切り替えがいま一番上手くいきません。
こんなんじゃダメだ、で頭がいっぱいになってしまう。
ダメだ、なんて思ってたら、だめになる一方なのにね。
「あんたが優しくされないのは、優しくしないからだよ」って、ケンさんに諭される。
然り。わかってんだよ。何度も何度も同じことを繰り返している。
休めないのは、休もうという努力を怠っているからですよね。わかってます。
どうにかしたい。

明日から実家に帰るんですけど、その前に浅草界隈をぶらぶらしようと思っています。
浅草寺は混んでるかなー。

南武線。


府中本町~矢野口間の高架化がようやく目に見えて進んできたのです。
ずっと「いつまで工事やってんだろ」なんて思ってたんですけど、高架化は大変ですよね。
駅前とか、どう変わっちゃうのかなーなんて思うと、
楽しみなような、寂しいような、微妙な心境です。
変化を恐れるようじゃいけないねー。

***

ものごとを表面的にしか見られなくて、的外れな批判ばかりして、
行く末を嘆いたところでどうしようもないのにな、って、ぼんやりする。
確かに、発生してしまったゆえに尽きるまで生存するのが生命で、
それが人の形をしているというだけで、人生だなんて、大層そうに言うんだけど。
だから、それを私は「意味がない」と言うのだけど。
それは、何もかもを投げ出して人のせいにして責任逃れをしてもいいってことじゃないよ。
それすら自分の在り方なのだというのかもしれないけど、
それは自分以外のすべての命やら環境やらを無視した態度であって。
無視するということは、それは、他を脅かすということだから。
脅かされたことに対して怒りをあらわにするのなら、
自分が他を脅かしているということを、それがどういうことかということを、
今一度、考え直さないといけないんじゃないだろうか。
それとも、それすらできないほど、腐ってしまっているんだろうか。
不幸だ不幸だと言いつづける事もツライだろうけど、
それを聞きたくもないのに聞かされるほうは、もっと苦痛なんじゃないだろうか。

などなど。

ここ1週間ぐらいずっと胃痛を抱えているんだけども、
その原因を考えたところで思い当たることだらけなので、
もうだいたい全体的に胃痛、ってことにしときました。

今日から3日間、急遽お仕事になってしまったわけなんですけど、
何年ぶりかに残業しましたよ、しかも1時間半、胃痛を抱えたまま……。
いや、今日はスタートが30分遅かったから1時間になるのか……。
帰りに、柔らかくしたお餅をのっけた温かいおそばを食べました。
そしたら、ちょっと楽になって、帰ってからケーキも食べられた(笑)
うーん、単に冷えただけかもしれません。気をつけよう。

闇夜に浮かび上がるなしのすけ。


そろそろ稲城にも、イバライガー的なヒーローが出来てもいいのではないかと思う次第。

ところで明日の夕方から線路の切り替え工事だそうで。
やっぱり、あの線路と駅と踏切がなくなってしまうのはどことなく寂しい。
帰り道はちょっとしんみりしてしまいました。

今日はCanon S1ISさんを久々に持ち出していましたが、
相変わらず付き合いの長さだけ手に馴染んでくれるカメラです。
大好き。

アトリエAoitoriさんの展示に行ってきました。


……あれ?

大宮から高崎線に乗って前橋に行くはずが、思いっきり宇都宮線乗ってましたよね。
しかも終点まで気づかずに乗っていたよ。
悔しかったので餃子ストラップを買ってから引き返しました。
餃子食べようかとも思ったんだけど、食べずに引き返せばまだ間に合いそうだったのでw


もうシャンティくるのも何度目だろう。
アトリエAoitoriさんの展示、「Aoitori座流星群」を見に行ってきました。
香里さんと出会ってからもう4年か5年経つのですけど、
作品の前で涙が出てきてしまったのは初めてかもしれません。
心臓の真ん中に、直球でどどーんと来るようなぬくもりに、ぎゅぎゅーっとしてしまいました。
言葉ではとても言い表せないです……。
宇都宮経由で前橋まで行って本当によかった(笑)
どうしても、どうしても見たかったのです。見ることが出来て本当に良かったです。

「Aoitori座流星群」は前橋市にある敷島公園近くのシャンティーカフェ2Fギャラリーで、
12月26日まで開催中です。ご都合のよろしい方は是非。

アトリエAoitoriさんのHP

なしのすけと稲城スタッフの背中。


うむ。

***

マルウェアにやられて、サーバからもローカルからも削除してしまったラジオページ。
今思えばローカルからは消さなくてよかったような気がするけども。
本日なんとか再整備しました。再整地というべきか。ヤレヤレ。
やっとこさ、テスト放送からPodcastに以降できたかと思ったらこれで、
サッパリやる気がなくなっておりましたが、ようやく何とかなりそうです。
また何か問題起きそうだけど、そのときはそのときってことで……。

なかなか本始動できませんが、このコンテンツはそういう運命なんでしょう。
しょうがないので気長にやります。

だいたい、ポッドキャストというと15分ぐらいが1配信だそうで。
どうしても40分以上はしゃべってしまうので、その分更新にも体力が要ります。
とり直したり編集してUPしたりって考えると、このコンテンツの更新だけで3時間はかかるもんな。
できるだけ頑張ってやりたいと思いますので、よろしくお願いします。

今年はどうも無理っぽいですが、来年は外に出て行って収録したいもんです。

矢野口駅前モニュメント除幕式


↑除幕前。

3月に稲城市民になりましたが、その稲城のキャラクター時計が矢野口駅前に出来るということで。
今日除幕式があるという情報を得ていたため、ちょいと行ってまいりました。
稲城市民になったのは3月ですが、その前数年間ご主人様宅に居候していたため、
稲城歴はだいたい4年ぐらい? になります。
稲城はいいとこですよ。一人暮らし始めてからのほうが思い入れがちょっと出来たかもって思ってます。
愛ってほどでもないんですけど……。愛着程度には。うん。


稲城スタッフ。ティッシュ配ってらした。お疲れ様です。


みんなに世話を焼かれるキャラクター。
名前は「稲城なしのすけ」に決まったそうです。長いな!(笑)
ひこにゃんとかくまもんとかみたいに、4文字ぐらいが呼びやすかったんじゃないかと思ったけど。
実はこいつ、初代ガンダムのメカデザインされてる大河原邦男先生と、マルチクリエイター井上ジェットさんが生みの親。


てことで、ご本人いらしてた。ご挨拶される大河原先生と井上ジェットさん。


そして見切れるなしw


なんかご案内されてる稲城スタッフ。この人いいなあ。背中が。


時計モニュメントはこんなんでしたー。
きっと稲城の危機の際にはトランスフォームするにちがいない。


ふと気づくと犬に見つめられてました。このへんわんこ多いです。


なしのすけグッズとか出るんだろうか。
中の人がまだちょっと慣れてない感じが可愛かったですよ。

冷えてきたのでよさこい見ないで帰っちゃったけど、みなさん半そででいらした。元気やなー!
今日はお疲れ様でしたーヽ(´ー`)ノ

ちょっと前に撮ったぎん。


数年ぶりに、新しいレンズが欲しいなあと思っている。
ついに安いズームレンズとマクロレンズの2本だけで3年間創り続けてしまったのだけど。
3年間、これ以上にレンズが必要だとも思わなかったから買わなかったんだけど。
ぎんを撮りながら、ちょっと、思ったのだ。レンズが欲しいなあと。
道具なんかいくら持っていても意味がなくて、かといってあまりに持っていなくても仕方がなくって、
要は道具との付き合い方というか向き合い方というか使い方というか。
つまりは結局、創るって事に対する態度がどうであるかってことで。
自分がどういう態度で居たいかってことで。
自分が創ろうとしているモノそのものが、自分に対してどういう態度を返してくれてるかってことで。
まあでも、しばらく身辺がごたごたするので、お財布も厳しく、どうするかなってところ。
いまの手持ちのレンズで撮っていく手段が見つかれば、また「買わなくていいや」ってなるんだろうし。

ところで、中国製万年筆のおまけでもらったインク瓶。
ちゃんとふたがしまってるはずなのに、ちょっと傾いただけでダバーというイリュージョンをかまされましたよ。
確かめてみてもやっぱりちゃんとしまってるんだ! どういうことなの!
局紙の箱の上と、白のレース糸在庫の上に数滴たれましてね……。
中身は全部無事だったからいいものの。変な汗が出たよ。手は変な色になってるよ。
これだから中国製の万年筆は持ち歩けないんだよな、コンバータがいつ爆発するかと。
やっぱり持ち歩く万年筆は、ウォーターマンとかパーカーが良いです……。
しかしウォーターマンも中国に工場があるって話だけど……やっぱ規格が違うのかもしれんなぁ。
おそろしや。