そうとばかりも。

130930_1723~001.jpg

クレーンどーんヽ(´ー`)ノ

こういう一時的な鉄の建造物が好きだ。
なんか切ないじゃん。
いつまでも立ってなきゃいけない建造物も好きだけどね。
鉄塔とかね。なんか切なくていいよね。いいんだよ。

昨日書いた「痛みとの共生」っていうのは単純な話じゃないので、
あんまり安易な発言はしたくないのだけど。

たとえばどんな別れだって悲しくて寂しくて辛いけども、
死別のように本当にどうしようもない別れだったら、
そうとばかりも言ってられないわけで。
どんなことだって痛いとか苦しいとか怖いとかいうのは、
できれば避けて通りたい嫌なことだけど、
本当に不可避だったらそうとばかりも言ってられない。
それは苦しみを糧にしてとか、ポジティブに考えるとか、そういう意味じゃない。

外野はガタガタ騒ぐけど、自分が当事者だったらそうとばかりも言ってられねーんだよ!!!
っていうか。

たとえば不眠症の人に、よく眠れるアドバイスをする非不眠症の人がいるけど、
不眠症当事者からしたら「そうとばかりも言ってられないのよ」ってなりますでしょ。

常に肩凝りや偏頭痛を抱えておられる方も(あ、私も当事者ですけど)そんなとこあるんじゃないかしら。

本当にどうしようもなかったら、そうとばかりも言ってられないのよ。ね。

私が日々ゴソゴソやってることについて。

SONY DSC

私がやっていることや、やろうとしていることに関しては、
自分なりにはずっと明確な方向を向いていたのだけど、
それでもやはり人に説明しようとすると漠然としていました。
ここ数年でようやくその整頓がついてきたので、
いったんこのブログでも書いておこうと思います。

私のライフワーク、生涯を捧げようと思っている研究テーマは、
次の二つのタイトルとして表すことができます。
1、痛みとの共生
2、こころの在り処について
「痛みとの共生」は「こころの在り処」に内包されている部分もあるんだけど、
ひとまずタイトルとしては別々に挙げておきたいと思います。

そして、これらを宗教的な立場から、芸術的手法を主に用いて探っていこうというのが、
私が今までやってきたことであり、これからも続けようとしていることです。

「宗教」というものをどう捉えるかというのも一つの問題です。
私は、既存の言葉でなんとか「私がいうところの宗教」を規定しようと試みましたが、
それは悉く失敗に終わりました。
そもそも「言語」というものが非常に不自由で、不完全なものなので、
そんなことは初めから出来ないとわかっていました。
それでも何とか言葉にすることができないだろうかと考えている過程で、
現在、さまざまな分野でさまざまなことが修正を求められているという事実に気付いたのです。
例えば、私たち人間の在り方、自然との接し方、人対人の関係、技術やエネルギーについて。
そうした中で、宗教もまたその在り方を問われ、修正を必要としているのではないか。

もしも「宗教」というものに「神様」が必要不可欠なのだとしたら、
私にとっての「神様」とは、Godではなく、Natureです。
だから、おのずとアプローチの仕方は仏教的なものを選択するようになります。
大学で学んだことが今更活きるようになろうとは思いませんでしたが……。
でも大学時代はほとんどうつ病に費やしたし、
ろくに覚えてないので教科書持ってて助かる程度だよ……。

そんなわけで、一見何の関係もないように思えることですけど、
人形写真も文章書きも踊りも、座禅もカラス観察も全部そこに関わっています。
JBFは今年初めて行くんだけど、それと去年から行ってるエコプロダクツも関係ある。
秋冬はそういう関係のイベントごとが多いので、ドタバタとしがちですが、
なんとか頑張ってやっていきたいもんです。

新米。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
いまの派遣就業先で、ご実家が農業されてる方が新米を分けてくださるの。
しかもこんなジップロックに2合ずつ分けておいてくださる……。
去年も頂いたけど、今年は3パックも頂いてしまったよ。
しばらく困らない。ありがたい。お米があるだけで本当助かるよー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
この前こしらえた茄子のみぞれ炒めがまだ残ってたので、
メインのおかずはそれを食べることにして、おつけものを買ってきた。
近所のお店で漬けてるぬか漬け……。一人だと3本でも多いけどしょうがない。
ナスもキュウリもアレルギーなんじゃないのかと。アレルギーですねぇ。
「なんでたくあんにしなかったの?」ってウシロに言われて……。
そそそそっかー! たくあんだったらアレルギーないじゃん! しかも好き!
どうして出かける前に言ってくれないんだよー!
わたしはなぜかどうしてもアレルギーのある食べ物を買っちゃうんだよー!
ここんところ冷蔵庫から茄子がなくなったことがない。何か買っちゃう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
美味しいよ!!! お茶碗2杯も食べてしまった。わひゃー。

私にとっては食事ってストレスなんです。
死に至るほどではないけど、不快な症状のアレルギーが多いからです。
「まだ命に関わらないんだからいいじゃん」って言われるんですけど、
ふと気付くと口の中や唇が爛れていたり、喉の奥が痒くなったり、
酷いときで呼吸困難になったりするというのは、なかなか楽しいもんじゃない。
アレルギーの出ないものだけを食べるというのもね……。命には関わらないんだし……。
それ以外の精神的な部分でも、幼少期にいろいろとあったせいと思いますが、
なかなかどうして食事ってモノは私にとっては大きなストレスなんです。
いつだって、楽しく愉快に食事をしたいと思ってはいるんだけどね。
そのうちいろいろ克服して、食事が楽しめるようになりたいもんです。

ここんとこずっと忙しくて、日々を雑然と過ごしていたせいで、
お部屋が本当にひどいことになっていました。
ガラクタと紙くずに埋もれて寝てる状態……。
床? さあ、そんなもんもあったっけね……。みたいな。
やっと少し片付きました。少し……。
そうなのよ、私はこうなのよ、気をつけないといかん。
その状態が更にストレスを増幅して、休息もままならなくなるのにね。
これからもっと忙しくなるから、その辺の自分自身のケアをしっかりしていきたい。

秋だ。

130928_1335~001.jpg

ビッカメのオモチャ売り場にはあんま面白そうなゲームなかったから文鳥査収。
かわゆいかわゆい。

立川のカフェでランチご馳走になって、帰ってからちょっとごろんとしている。
具合悪いのかと思ったけどそういうわけでもないみたいだ。
でも起きてもいられない……。
これから30分くらい眠ったら片付けとかします。

昨日、会社で新米を6合ももらってしまったので、おゆうはんに炊くの。
おつけものがあったらもうご馳走だよねー。
おつけものないけどねー。
あったかなー?

ジュンク堂トークセッション

130926_2113~001.jpg

「生態学的アプローチから『身体』『技術』『倫理』を考える」
に、参加してきました。
またガリガリメモとってきた……この野帳なくしたら交差点の真ん中で延々駄々こねる……。
なくさないように気をつけて帰ります。

ここ数年にやっと行き先が見えてきて、やるべきことが見つかってきているので、
本当に勉強しなきゃならないことだらけで年中多忙なんですけど、
だからこそ外すわけにいかない用事はあります。
それは、ハズレを引くわけにはいかないという意味と、行かなければならないという意味の両方で。

ハズさないけどね!!!

なんか、だいたい本能みたいなもんで判断してるけど、ハズしたことはほとんどない。
何かのついでに出るシンポジウムとかはよくハズすからカウントなしとして……。

自分の中で一応の目指すべきところというか、仮説みたいなもんができた上で、
他の似たような考え方をしている人の話を聞きに行ってみているわけだけど、
そうするほどに「いま歩いている(道なき)道は間違ってはいないらしい」と感じます。

やっぱりわたしが立ち向かってるテーマはとてつもないよ……。
決して独りで立ち向かってるわけではないけど。
わたしが一応の目標すら立てられずにひたすら漠然としていた数年前は、
何もかも一人きりでやらなければならないと思い込んでいたんだな。
そうではないのだと気づいた時に、初めて目が開いた。

しかしまあ、たいへんだーヽ(;´ー`)ノ
がんばる。

10月末までにあと2回ジュンク堂に行って、そのあとは11月のJBF、12月のエコプロダクツと行事が続きます。
一見、ほとんど全部バラバラの分野、テーマにみえるけど、そんなことありませんのよ……。
そろそろちゃんと発表できるようにしろよって思うけど、まだまだカタチにはなりません。

イッケブックロー

130926_1839~001.jpg

ジュンク堂のトークセッションに参加するんで池袋まで出てきて、
若者が入るようなカフェレストランみたいなところでパスタ食う。
値段の割りに量が……! とか、味が……! とか、
若者の座席にケータイ放置率やら話し声の音量やらに驚き疲れたわ……。

次からご飯は会社の近くで食べてから出てこよう。

トラベラーズノートのパスポートサイズを買った当初は、
本当に使い道ないわーと思ってたけど、
いつの間にか数々のノートの中でも一軍になっているよね。
可愛いやつめ……。

パーカーのベクター万年筆も二本も要らねーだろって思いながら買ったけど、
なんだかんだと二本とも一軍だしね……。
妙なグリーンのベクター万年筆がうちでは一番新しくて、
おまけでついてくるカートリッジインクを昨日やっと使いきったところ。
買ってあったコンバーターくっつけて、純正のブルーブラックを入れた。
このインクのために買ったペンなんだー、やっぱり合うね。

とはいえ、机のないところでは相変わらず測量野帳とパワータンクのコンビ。
まあ、使いやすい道具って自ずと決まっていくけど、
こだわりを持たずに柔軟に変えていきたいよね。
ライフスタイルの変化や年齢でも使う道具って変わるべきだと思うし。
だから「一生これしか使いません!」みたいなのは私はどうかと思うのよ。
変えていくだけの余裕がないのはあんまりかっこよくは思わないなぁ。
かといって、40歳や50歳になってまで使ってる道具が新品だらけというのも大人げない。
使い込んだ道具を一つくらいは持っていたいよねぇ。
トラベラーズノートはそういう存在になればいいと思って導入したので、
ノート側から日々に寄り添ってきてくれるのは嬉しいね。

鳥だ!

130925_2251~001.jpg

鳥は可愛い可愛い。
いちご泥棒とか……。

ヤツはとんでもないものを盗んでいきました!
私の心です!はい!!!

さておき。
今日はひかりの輪の慰霊集会&勉強会に行ってました。
いつもの入り口が工事中で、入り方メール貰ったのにわからなくて、
入り口のお巡りさんに「道場にはどう入ればいいですかね……」って聞いてしまった。
しかも教えて貰った先でさらに迷って、「そこ右の扉入れるから!」って教えて貰った……。
すんません……。

上祐さんともゆっくりお話しできて良かったです。
いろいろ考え直せる……。
ずっと考えに詰まっていて先に進まなかったことが解消できたり。
ガリガリメモ取ってしまった……正面で……。
すみません……。
でも考え事進める過程で失念してたことに気付けてありがたかった。
ここ抜けないままでは一歩も進まなかった。

あと、先週ひかりの輪の巡礼で行かれた立山で見たという雷鳥の写真見せて頂きました!
うっひゃー、黒い! なんか目がぼーっとしてる!
可愛いよぉ、鳥可愛いよぉ……。
この鳥が冬には真っ白になるのかー、生え換わるときかゆうまになるんだろ。
機嫌悪くなってしまうんだろ。可愛すぎる。

わたしが死んだら鳥葬にしてほしいけど、日本だと遺体損壊罪に問われるらしい……。
じゃあ生きたままか、興奮するわ……。

苦難を糧にしているというよりはただのマゾヒストだとケンさんが言うのです。
だれがただの変態か。

明日はジュンク堂のトークセッションに行くよヽ(・∀・)ノ
忙しいけど何とか生きていくよ!

どろどろ

130925_1230~001.jpg

いまの比較的硬派な職場につけていくアクセサリーの数じゃないわ。
やっぱり親指に指輪してると落ち着く。

今日は気持ちのいい雨が降ってますね。
窓の外が明るいのに、かすかなさんざめきが聞こえる中でただじっとうずくまった。
昨日からの腹痛と落ち込みで頭痛も酷くて会社は休んだ。
午後からは行くけど。
相方の体調もピンチだから昼から帰ってもらいたいし。

下痢と嘔吐で疲れはてるままに、ただTwitterを眺めていた昨夜。
自分があまりにボロボロで、惨めで、ちょっと笑った。
なんだか無性におかしかった。

自分が言ってることが正しいとは思わない。
でも間違っているとも思わない。
言う相手と場合を間違えていることは解ってる。
それは自分に向けるべき言葉だと解ってる。
それでも、まあ言っちまったもんはしょーがねーよ。
わたしは小さくて汚いなぁ。

わたしはこの世に嫌いな人なんか一人もいないよ。
でも好きな人だって一人もいない。
どうしても失いたくない人なんか一人もいないよ。
だっていつか失うことはあらかじめ決まっている。
だからこそ愛しく想うことができるのだと思っている。
でも、これは人の痛みがわからないということなのかな。
私には何か重大な何かが欠けているのかもしれない。

(´Д`)

130924_2203~001.jpg

ビスコォ……。

昨日は吐いて、今日は下痢して、体内からいろいろ出ていきまくりの私です……。
おかしい……こんなにストレスに弱かっただろうか……。

苦しいときは、どうしても打破したいとか逃げ出したいと思うもんでね。
それが長期戦だとなおさら。
だからこそ、一段落つくまでは環境だけは現状維持、
落ち着いてからゆっくり考える、っていうのは原則でね。
落ち着く見込みが立たないと、慌てて結論だしがちだけど、
そういうときこそ一回立ち止まったほうがいい。
経験上、とっちらかった状態で何かを変えようとすると、大抵うまくいかない。
ばかりか、それは逃げようのない負のスパイラルへの入り口でもある。
その前で立ち止まることがどんなにアホらしく思えても、
立ち止まるべき場所の見極めはだいじだ。
そこが逃げを打つ最後のチャンスかもしれないから。
どうしても逃げられないことってのは、どうしても絶対に回避不可能だから、
回避できるもんは回避できるうちにしといた方がいいと、私は思う。

まあ、そこはお前が一歩引けよってところで、
どうしても引けずに押してしまった私が悪いんだが(;´ー`)
もうちょっと余裕があって元気なら引けたのかもしれないなぁ。
人生に「もし」なんてないけど。

本当にいま私がさらされているプレッシャーは、
数々の波乱に満ちたこの人生においても未曾有でして……。
参るわ……。

自分が立ち向かわないとどうしようもないし、
他の誰にもどうしようもないことってあるのよ。
助けるだの支えるだの言ってくれなくても、
とにかくそこに居てくれさえすればいいよっていうことはあるのよ。
でも「何かをする」ことだけが助けや支えだとしか思わない人もいる。
とんでもない苦しみの渦中にいるとき、大事な人が「いつも通りにそこにいる」ということが、
どんなに救いになるか、支えになるかなんてのは、知らない人も多いかもしれない。

まあでも、そんなもんか。
何かしてあげたい、力になりたいと思うのも、まあ、そうかも。
でも、そのためには余裕が要るよ。

(´ω`)

130924_1800~001.jpg

なにが「超」なんだい。
缶コーヒーはたくさん飲むけど、違いは全然わからないよ。
マックスコーヒーと比べたら違うなって思うけどね。

こんなことしてる場合じゃねーのに!
って何してても思う。
ひと休みしよう。
ひと休みしてる場合じゃねーけど。

早く自販機にホットが入らないかねぇ。
冷たい飲み物は苦手だよ。