収集とコレクション。

何かを「収集」して「コレクション」することは、とてもダサくてかっこ悪いことだと思っていた。
「それ」に固執して、やがては収集の効率化を図り始め、なぜ集めていたのかも忘れていく。
効率的にたくさん集めて、たくさん集まったといっては喜び、たくさん持っていると言ってはひけらかす。
そんな資本主義的なものだと、私はあらゆる分野の「コレクター」を憎んですらいた。

のだが。
スタンプと郵便の沼に片足を突っ込んで1年もすると、いつの間にか「収集」をしてしまってるものでして。
ポストクロッシングで世界中から受け取ったハガキはそろそろ50枚。
そのハガキに貼られてくる色とりどりの切手に魅せられ、切手の博物館に通いだす始末。
そこで出会った切手収集家の方の情熱に中てられ、ジュニア向けの切手収集雑誌を読んで感動し、
今度の休みには浅草の都産貿で開かれる切手展に行くつもりです……。

切手収集家の方って、ただ切手を集めてるわけじゃないって知ったのがまあ、ショックで。
もちろん人にもよるでしょうけど……。
それぞれに好きな国や図案や歴史があって、集めるだけでなく、切手発行の時代背景とか、
その図案についてとか、図案の対象物の成り立ちや歴史とか、そういうのにやたら詳しい。
というか、切手って歴史や文化を反映してるものだもんな……など……。

これ以上趣味増やしてどーすんだって感じですが。まあ、どーにかなるでしょう。

PA250727
ところで、これ。スタンプです。駅とか博物館とかの。
スタンプ帳は時系列で押してますけど、そのほかにハガキサイズのカードにも押してます。
あとで並べ替えるために、スタンプ集め始めた頃からずっと帳面とカードに押してたんですが、
1年くらい経ってそろそろたまってきたので、分類してファイルすることにしました。
100均でA4のハガキファイルがあったのでとりあえずそれで……。
77駅スタンプは最終的にコンプしたいので、50音順で未収のところを空けてファイル(まだ半分以下)
あと南武線の駅スタンプが立川方面の3,4駅でコンプなので、そこだけ空けてファイル。
そのほかは、路線ごとに分けたら5枚ずつにも満たないので適当にかためてファイル。
さほど熱心に集めてるわけではないですけど、まあ1年も経てばこんなもんかなって感じでした。

ポスクロで受け取るはがきは、国によっても大きさがまちまちでファイルしづらいし、
なにより紙の質感が好きだからビニールのファイルに入れてしまうのもなあって感じで、
未だにどうしたもんか悩んでて、机の上に出してるPoICのドックの一番手前にぶっ刺してます。
PoICのカードも実は、映画鑑賞記録以外は3ヶ月以上一枚も書いてません……。
そのうち復帰する……。いまはちょっと、ノートにゴリゴリ書いてまして……。
いろんなことを、無理するのをやめようと思って、絶賛自分を甘やかし中です。
どうしても今は仕事で無理して自分追い込まないといけないので……。

ところで、わたし文具王とかああいうの本当に心底好きじゃないんですけど(コラ
手紙の保存方法は文具王のまねっこしてます。

●手紙を「標本化」して保存する。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0802/29/news012.html

これ結構良いです。保存の仕方で困ることなくなりました。
私もこういうサイズがバラバラのものはA4にそろえたい派なので。

まあ、要するに私が憎んでいた「コレクター」っていうのは、単に「集めることだけ」に終始してる人のことで、
だからこそ「好きで熱中してるうちにたくさん持ってた」ことを「コレクター」と呼ばれて不快だったって話し。
それにしても、郵趣は沼というより穴ですな。もう半年以上自由落下してますけど、まだまだ底に着きません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。