もやもやサイト運営。

P2140507
いまさらで申し訳ない。
先月、下北沢で開催された気仙フェアで、
食べさせてもらったホタテ焼きがデカかったよって。
うまうまでした。牡蠣もうまかった。ありがとうございました。
また何か美味しいもの食べさせてください。

ところで、最近(つってもだいぶ前ですが)スマホに変えたんですよね。
私はPHSが居心地がよかったのでPHS使い続けていたし、
スマホねぇ……必要ないっしょ……って思ってたんですが、
PHSだと閲覧できないサイトが増えてきちゃって、
出先でちょっと調べたいっていうのでも弾かれちゃうとイライラするんでね……。
そんな事情でスマホに屈してみたら、なんとなく、便利に使ってる。

一番便利だなぁって思うのは、ラジオが聴けることですかね……。
放送大学の講義も聴けるし。
あとは、ずっとTwitter投稿で流れてくるのを眺めるだけだったInstagramを始めてみて、
ボチボチと写真をUPするようになりました。
創作意欲がマイナスに振れてて、ゼロに戻すのもひと苦労だなあって感じだったので、
こういう手段でちょっとずつでもリハビリできるのは良いかもなって始めてみたんです。

で、まあ、そしたら、パソコン立ち上げるのがすごく億劫になってきちゃいましてね……。
だって、スマホで撮ってUPしてコメントも付けられて、って、簡単で手軽で楽なんですよ。

もう何年も前だけど、まだテキストエディタでぽちぽち打ってサイトを作ってた頃に、
PHPっていうのが出てき始めて、これからはブラウザでサイトを更新する時代だ!なんて、
ローカルでサイトを作るスタイルが流行遅れになろうとしてた時期があって、
そのときに私は、そういうスタイルにすごい反感を抱いていたんですよね。
ローカルで作ってナンボだろ、みたいな。
ブラウザで更新? そんな生半可な気持ちでサイト管理ができると思ってんの?って(笑)
でも、実際どうなんだろ?ってレンタルブログを使ってみたら、これがまあ快適で、
更新したいと思ったときにサクサク更新できるし、なんだ、便利じゃんって。
今は(一部除いて)レンタルじゃなくて、WordPressで作ってますけど、
それでも、もうサイトのほとんどの部分をブラウザから更新してるわけですよ。

これと同じようなことを、TwitterとかFacebookとかTumblrとか、
とにかく今便利に使っているありとあらゆるサービスで繰り返してるんですがw
Instagramは、使いたくても使えなかったサービスだけに、その反感も更に大きくて、
スマホにしてからもしばらく見ないようにしてたぐらい。
でも結局、使い始めてしまいました。使ってみたら、やっぱ面白い。

私は写真の展示発表をしながら、自分は写真家ではないと思っているし、そう言っているし、
写真にもカメラにもさほどの情熱は持っていないんですけど、
こうやって見てみると、なんだ、写真って面白いんだなって。
いや、だからって、写真に対して熱心になれるかっていったら、別になれないだろうし、
それでもその程度の心構えで、まだまだ私は写真を展示発表していくんだと思うけど。
でも決していい加減にやってるんじゃないんですよ。この辺はちょっと難しいな。
私がもっと上手い展示の作り方をできればいいのにっていう話になっていく……。
展示もそうだが、作品にしてもね、もっと何かあんだろっていうか。うむむ。

そんなわけで、なかなかパソコン立ち上げなくなってきちゃったんですけど、
それでもこのWEBサイトは運営していきたいと思ってるので、何とかしたい(ナニソレ)
もっとなー、なんとかならんかなー。
ともかくメインブログが月1更新っていうのはいただけない……。
発信したいことなんか別に元々ないわけで、メッセージとかそういうのもないので、
なんのためのWEBサイトなんだと言われたら、そりゃ、存在に意義があるとしか言えませんが……。
少しでもこう、創ることに対するモチベーションキープのような意味合いであっても、
難しいこと考えずにどんどこ垂れ流していこうかな、なんて思ったりもする。
そのためにも、ちょっとこのサイトの構造とか考え直さないといかんのですけどねぇ。
もうしばらくこんな感じで運営してますけど、ゴーストタウンみたいな有り様ですもんね……。

とりあえず、ずっとログインしてなかったFlickrをもうちょっと活用しようかなとか、
Tumblrももうちょっと使っていこうかなとか思ってます……。
いまのところ投稿被ってますけど、そのうちどうにかなるんじゃないでしょーか。

Flickr:67303467@N03 (Kamio Asami)
Tumblr:かみお置き場 http://kamiokiba.tumblr.com/

いやはや、この記事まで3月1日にまとめて書いて日付詐欺更新してますけど、
久々に書こうとするとやっぱ書くことはあるんですよねー、書かないだけで。

みんなPoICで困ってる。

一時は毎日更新ぐらいの勢いだったこのブログも、気付けば月1更新。
これではいかんなと思って、日付詐欺更新をしようと書き溜めています(言っちゃだめじゃん)
なんでブログがなかなか更新されないかっていうと、やっぱ前エントリでちょこっと書いたように、
PCを立ち上げるのがどうにも億劫だって話しなんですけど、それはまたまた別エントリで。

ところで、PoICの話題を書こうと思って開設して3記事くらい書いたきりになってたブログ、
「もやもやツールズ」を閉鎖、削除しました。
これだけ更新頻度落ちてるわけだし、もう出来るだけメインブログにまとめちゃおうと思って。
あれ開設したころはすごくブログ書きまくってて、どんどん記事流れちゃってたからな。
データベースごと削除しちゃったので、もうどこを探してもありません。
ただ、写真はFrickrから引っ張ってきていたので、Frickr見れば写真はあります。
「思考ツール」っていうフォトセットに入れてます。
あのフォトセット見るたびに思うんですけど、ほんとうPoICやり始めの頃すごい試行錯誤してるのに、
使い始めの頃に試行錯誤したやつは、ほとんどもう今使ってないんですよね。

PoICってやつはシンプルな方法で、思い付きをどんどん捕獲していける強力なシステムですが、
それがゆえに「ほんとうにこんなんでいいのか」ってすごく不安になる時期があったり、
ちょっとでもカードを書けない時期が続くと本当に何も書かなくなってしまったり、
書かなければ書かないで別に生きていけるので、「このまま途中下車かな」なんて思うこともある、
非常にアレな感じの知的生産システムであることは間違えない。
だから、活用できる人は活用できるんだけど、出来ない人は永遠にできない。
それはできないことが悪いんじゃなくて、そもそも合ってないだけなのでさっさとやめたほうがいいです。

私はどうかっていうと、非常に根気と持久力を試されながらも、
ある種のスポーツとしてほそぼそと続けていこうかなって思ってます。
合わないわけじゃないと思うんだよね。たぶんまだ馴染んでないだけで。

そう思うのは、ここ数ヶ月の出来事に由来する。
12月ごろから、もうとにかく疲れていて何もやる気がなくて、カードなんか全然書けなくて、
「カード全然書けない」っていうカードすら書けなくて、ようやく日記だけ書いていたんでした。
あと読書カードと、映画鑑賞の記録カードは、そのときに書いておかないと忘れちゃうから。
でもその2種類は別の箱に投げてるので、メインドックにはまったくカードが入らない。
で、ついにカードを持ち歩くのもやめてしまったのが1月から2月中旬にかけて。
カード書けないときは、何時に起きたとか何食べたとか、
そういう記録だけでも書こうと思って、フォーマット印刷したカードがあったんだけど、
それすらもう持ち歩くのやめちゃったんですよね。

そしたら面白いモンで、思いつくことを掃き出す場所がないから、
だんだん何も考えなくなってしまって、何か発言するといったらTwitter。
でもTwitterで発言することもどんどん面白みがなくなってくる。
せっかく読んでる本の中身もいまいち、同じところを何度も何度も読まないと理解できない。
メモ帳持っててもノート持ってても何も書かない。
ていうか、メモって何書けばいいんだっけ?

っていうところから、どんどん心身に不調をきたしはじめる、という事態になり、
あらためて、自分の記述依存症を再認識したのでした(笑)

昔からそうだけど、何かを発表するためとか、誰かに読んでもらうためとかではなくて、
ただ帳面に文字を書き付けていれば、それだけで何時間でも過ごしていられるけど、
まったく文字を書かないでいると精神の安定をはかれなくなって体調まで崩すって、
もうこれはある種の不治の病だと思いますよ……。でも別に私だけじゃないから怖くない……。
非記述依存の人にとっては、「何かを書く」には必ず目的がセットで認識されてる気がする。
誰かに読んでもらうとか、認めてもらうとか。
そこに齟齬があるがために、記述依存のひとが嫌な思いしなきゃならなかったり、
非記述依存の人に嫌な思いさせたり、喧嘩になっちゃったりするですよね。
もうこれ、ただの病気だからね。心配ない。何か書いてないとおかしくなるだけです。

で、そのPoICのね(そこまで話し戻ります)
外にカードを持ち出すとか、外でカード書きをするとか、そういうので本当困ってる。
特に私は一日の大半は会社で働いてるので、そこで思考を捕獲するのに、
もっとこう、スマートな虫取り網はないもんかと……。
マニュアルにあるのは、icPodっていうやつだけど、モレスキンはやっぱ買う気が起きない。
モレスキン自体も高いし、ポケットの折り目を折りなおして改造するわけだけど、
そうするとポケットが表紙からはみ出てしまうじゃない。あれはいただけない。
折紙ポッドを作ろうかとも思ったけど、どうもそこまでの気力がなぁ……。

で、長らくコレクトの暗記パースに曜日ごとの仕切りを入れて使ってたんだけど、
これもなんか……どうにもこうにも、しっくりこないんですよ……。参った。
机の上に出しておいても、暗記パースだと「広げておく」って感じじゃなくて、
なんだか貝のように閉じてしまってるもんで、「カードをしまう」って感じになっちゃう。
そのときに書いたカードは「しまう」んじゃなくて、「投げて」おきたいんだなぁ。
この辺は感覚的なもんなんだけど、「入れる」んじゃなくて「スタック」したいっていうか。
今書き終わってPodに投げたカードは、投げた後しばらくまだ視界から消えて欲しくないんだ。
だからって、机の上に寝てて欲しくもなくて、全面見えてる必要もなくて……。

つまり、icPodにも自立して欲しいんです。立っててほしい。
自分の力で、きちんと、この強力なシステムを支えて頂きたい。
なよなよと机の上でだらしなく寝転ばれては困る。やる気が出ない。
でもモレスキンは嫌だ。

そんなわけで、めっちゃ探した。
はじめは、セキセイが出しているドキュメントスタンドってどうかなって思ったんですが、
一番小さくてポストカードサイズだし、ポケット13個もあるし、どうもゴツい。
ここまで大袈裟にしなくてもいいんだよなぁ、持ち歩きづらいしなぁ。
写真だけで見たらわりといけるかなって思ったんだけど、実物見て却下。

結局、いつも文具よく購入してる某WEBショップさんでこういうの見つけて査収しました。
P2280529
ハイタイドの、領収書ホルダー。ヌメ革調の表紙+厚手クラフトの7つポケットで頑丈そう。
ゴムバンドつきで、トラベラーズノートユーザには馴染みやすい仕様。

P2280533
ダブルクリップは、広げてこうするために表紙に挟んでおいてます。
表紙をぐるっと折り返して、はさむ。こうしとくと机の上で自立します。
こうしないと表紙は閉じてしまいます。

P2280531
中身。先週、土日、月~金の表示つけて、それぞれのポケットに白紙のカード。
あ、先週のポケットには先週書いたカード入れときます。
まあまあ、5×3カードの落ち着く大きさのような気がしないでもない。
5×3サイズってかなり微妙で、ポストカードサイズで妥協するしかないのか、と、
諦めがちにファイル棚を何時間も往復した身としては満足な大きさです。

P2280536
PoICポーチにもギリギリ入る。本当ギリギリだけど。
まあ、別に入れなくてもいいか、頑丈そうだし。

そんなわけで、またぼちぼちとPoIC運用していかないとなぁって感じなんですけど(健康の為に)
はたしてどうなることやらです……。
こればっかりは、もうどんどん使ってみるしかないですねぇ……。

切手とスタンプ。

P2280523

線路の反対側かーい!(渾身のツッコミ)

P2280528

てなわけで、切手の博物館に行って来ました。
もう何ヶ月も楽しみにしていたんです。

P2280526

エハガキ華さんの個展。
この方のブログは本当に楽しくて、眺めているだけで幸せな気持ちになります。
私は郵趣ってわけではないんですが、手書きが大好きなのでメールよりお手紙する方が好き。
実際は、やっぱりメールの方が多くなっちゃいますけどね……。
あ、いや、最近はそうでもないな。お手紙書かせていただけること多くて嬉しいかも。
てか、単にメール書くのが億劫になってるだけかもしれない……。
メールって言うか、パソコン立ち上げるのが……。
あ、パソコン立ち上げるの億劫って話しは別記事にしますね。

展示会場の様子とかは写真撮らなかったのでアレですが、
あのブログの感じがお部屋の中に凝縮されてて、本当に楽しかった!
油断するともうずっとずっと眺めちゃいそうだったので、
無理矢理からだを引き剥がすようにして出てきましたよ……。
アマオオイ王国の物語りとか、風景印リレー、おもしろ郵便とか……。
いいなあ!こういう展示ってほんとういいなあ!楽しい!

今まで自分がやってきた展示の、「こんなもん見せてどうすんだ感」の正体が解った気がする。
単につまらんのだ。私の作品っていうか、作品の見せ方もそうだし、何もかもがつまらん。
だけどね、本当はすごくすごく面白いんだよ、面白いこと考えてるんだよ。
その、「面白いこと」が何も表現できてないもんなぁ、見せられてないもんなぁ。
これじゃあダメなんだよ。こういうことじゃないんだ。だから創作意欲なんかなくなるよ。

いやー、ほんと、すごく勉強になりました。わたしもがんばろう。

P3010538
外国の使用済み切手が好きなんですけど、スペインのは未使用切手しかなかったよ。
別にコレクションしてるわけじゃないですよ。
なんかハガキとかメッセージカードとか自分の手帳とかで、
「この空間を埋めたい」っていうときに使ってるんです。
使用済み切手って、誰かが誰かに手紙出したっていう歴史を持ってるから好きなんだ。
タツノオトシゴは使用済みだった。これは安産祈願のお守り。作品の。

切手の博物館、今は海の生物の切手展示してました。これも面白かった。
世界のエビ切手パネルが個人的にすごくアレでしたw
展示物、撮影禁止だからお見せできなくて残念です。ぜひ見に行ってください。

そういえば、最近の新しい趣味で、スタンプ集めてるんです。
早い段階で飽きちゃったらかっこ悪いなーと思ってブログにも書かなかったんですけど、
ポストカード50枚パックを使い切ったのでそろそろいいかなーって。
P2280537
トラベラーズノートの無地リフィルと、ポストカードに押してます。
見つけた順番にポンポン押す用と、後で分類整理する用。
はじめは、駅スタンプだけ集めようと思ってたんですけど(押し鉄っていうらしい)、
博物館とかの記念スタンプもどんどん軽率に押していくスタイルでいきたくて、
スタンプを見つけちゃー押してたら、いつの間にかスタンプ帳も二冊目。
駅員さんに出してもらわないといけないスタンプもあるんですけど、
みなさん本当に優しくしてくださるので、
ちょっと落ち込んでるときに、敢えてスタンプ集めに行ったりしてますw

一時期はまってた御朱印よりは、収集することに対する罪悪感も無くて良い……。
あ、もちろんそれらしい神社仏閣にお参りできることが解ってるお散歩のときは、
相変わらず御朱印帳は持ち歩いてますよ。
ただ、やっぱ、重い。御朱印帳自体も、中身も。
あれだって、どっちかっていうとお寺さんとお話ししたり、
ふだん上がれないところに御朱印って名目で上がったりしたいがためって意味もあるんで、
なんつーか……人恋しいときに出歩く口実って意味では同じなんですけどね……。

なんだかしんみりしてしまった。
もう3月なんですねぇ。

ヨコハマ~

P2010477
元町。先月も来た気がする。
雰囲気は銀座と似ていなくもないけど、銀座と違って激頭痛がしないので、
最近はどうも都内より横浜の方に出て行きがちです。
まあ、銀座に行く用事はチラホラあるんですけど、なるべくなら行きたくない。
電車降りた瞬間からスゴイ頭痛するし、まともに歩いてらんないんだもの。
別に銀座に行けなくたって、今の生活には支障がないのでいいんですけどね。

今日は、横浜の Art Gallery 山手で開催中の「猫・ねこ写真展」に行って来ました。
何年か前に「CP+ 御苗場」に出展したときに知り合った、矢部一樹さんという方が出品されてるのです。
猫作品って実はけっこう苦手で、猫の写真っていうと遠巻きにしがちなんですが、
矢部さんの写真はとても居心地が良くて安心するのです。
案内いただくと飛んで行ってしまうほどには好きな写真家さんです。
同じく好きな猫写真家さんで、勝見里奈さんという方がいるのですが、
この方はPart2の方に出品されるそうで、また会期きたら遊びに行こうと思います。

で、その矢部さんに……創作意欲がぜんぜんなくてずっと疲れてるって話しを……。
聞いていただいてしまったのです……スミマセン……。
そしたら、洋館めぐりでもしてくれば?って、勧めて頂いて。ありがたい。

P2010467

元町のあの辺り、西洋館がけっこうあるんですねー!
ぜんぜん知らなかったです!しかもタダで見られて、撮影もOKとは!
お茶できるところもあるですよ……お値段もけっこうアレだったけど……。
こんど、洋館めぐり目的にしてまた来てみようかな。

スゴイ占いサイト「幸福の方程式」<後編>

そんなわけで、生年月日と性別と血液型を入力したら、
占い師の先生からメールが来るというので、やってみた。
で、来たメールは一番下に貼り付けておきます。
もし興味があったら読んでみてください。
これは、たぶん文面ほとんどテンプレだと思います。
他の「この悪徳占いサイトに気をつけろ」的なブログにも載ってた。

まあ、Facebookの宣伝広告とか、ゲイノウジンが宣伝してるブログとか、
そういうの見る限り「あぁ、コレあかんやつや」って解るんですが、
返って来たメール見たらどうもこの先が気になってしまって、
実際かなりお金払ってやりとりを続けてみてしまいました。貧乏なのに。
ウシロノヒトにも、そういう喜捨行はいい加減にしてくださいって怒られた。

いわゆる星座占いとかそういうのと違って、占い師の先生とやりとりをするんですが、
1回メールを送るのに1620円かかるんです。
初回無料で、すぐに1回メール送信分のポイントが貰えて、
イベントとかで5回分ぐらいのポイントが貰えたりする感じ。
なんだ、出会い系サイトと同じシステムか……みたいな……。

# 出会い系サイトもちょっとお金使ってみたことがあります、が。
# あくまでも!!! 検証目的ですので!!!! 誤解の!!! ないように!!!
# 不自由してませんので!!!!(……)

まあ、つまり、はじめのFacebookの広告がね。
誕生日を年から登録してたりすると、「32歳のあなた!!!」って言ってくるわけ。
こんなん、「あなたにオススメの商品」と同じ仕組みなんだけど、
他のどうでもいい広告が並んでる中に、「あなただけ感」を醸されると、
ついドキッとしてクリックしたくなっちゃうっていう商売ですよ。

占い師の先生からのメールは、1回のやりとりじゃ終わりません。
4,5通はやりとりしないといけない。
ずーっとずーっと長文で、「あなただけ感」をどんどん煽って、
オーラがどうとか、スピリチュアル的に特別な存在とか、
果ては、あなたを幸福に導くことが私の宿命だったとか、
霊力を分けさせて欲しいとか、「選ばれた特別な人」に仕立てつつ、
今日の起床時間を教えてください、最近の嬉しかったことを教えてください、
うんぬんかんぬんと、メールのやりとりを長引かせるわけです。

でね。
一人の先生から何かの力を授かって、例えば愛情運をあげてもらって、
やりとりが終了すると、翌日には別の先生からメールが来ます。
「数日前からあなたを霊視していましたが、
昨夜から今朝にかけて素晴らしい運気を引き込んでいますね」
みたいな具合に。
別の占い師の先生から見てもそうなんだ。
じゃあ、あの先生にしてもらったことは本当だったんだ。
私ってやっぱり特別なんだ。って、思う仕組み。

一つのハンドルネームに対して、中の人が一人だなんて、ネット社会にそんな常識はない。

だもんで、こういうのを詐欺だとか悪徳だと言って騒ぐ人はもちろん居る。
消費者センターに相談するとか言ってる人も居て、返金させた人もいるみたい。
だけど、デジタルコンテンツだから返金はしませんって書いてあるし。
そもそも占いで消費者センターってどうよって。
確かに、まっすぐ信じて有頂天になって、実はそうじゃなかったって知ったら腹立つし、
詐欺だの悪徳だの金返せだのって言う人の気持ちも理解できないではないんですが。
だってこれ、エンタメでしょ?
本当に対面で鑑定してもらう占いならまだしも、スマホごしですよ?
こういう「あなただけ感」を味わわせてもらってちょっと前向きになるっていうサービスです。
ちょっと高くつくけども。私もつい調子に乗って課金しすぎた。

だから、確かに純真な人は「心を踏みにじられた」って感じるかもだけど、
こんなもんは詐欺でもなんでもなくて、「売り方がうまい」んだと私は思う。
もちろん、信じ込ませてカネを搾取しようって意図は良くないかもしれんし、
あんまり人道的ではないかもしれない。
そういうところは糾弾されても仕方ないと思うけど。

幸福ってのは、スマホで手軽に呼び込めるよーなもんじゃない。
画面から目を上げてもっと外を見たほうがだいぶ幸福に近づける。
てか、スマホをあんまり気にしすぎると、うつ病になるから気をつけろ。
あの姿勢はほんとうにまずいよ。思いを抱え込む姿勢だから。
思いを抱え込む姿勢で居続けると、チチが垂れるという更なる弊害がある。

もう一個気になったのは、こういう「あなたは特別な人」商法っていうのは、
カルト宗教でよく見られるやり口だということ。
他者からの評価や承認に飢えていて、自己否定の泥沼に陥っていたら、
そりゃ飛びつきたくなる。

スピリチュアル商法ってのは、自分のいまの状況とか実績とか、
自分が積んできたものを無視させる。
で、悪いことがあれば前世がどうとか、良いことがあっても守護霊がどうとか、
自分の手がまったく届かない「あっち側」に責任転嫁して、目を背けさせる。
それでいて、「あなたは頑張っている」「あなたは無理をしてきた」と言う。
そんな言うほど頑張ってなくても、そう言われたら甘えたくなりますよ。
辛く険しい道を歩いて、苦労して死ぬ間際にやっと認められるより、
金を積んでお手軽に「あなたは素晴らしい人」って言ってもらえたら、気持ちいい。

だから、やっぱ、手軽な占いサイトってエンタメとして楽しむためのもんだと。
そう割り切って使ったら、いくらか面白いとは思いますが。
無駄なカネを使ってしまったので、しばらくちょっと自己嫌悪で沈むかもしれないです(……)
でも、ずっと気になってたことが解消されたので面白かったです。
クチコミだけ見てると、「一体どういうことだってばよ!?」ってなる。

どーも、おつかれさんでした。

以下、初めに届いたテンプレメール。

新年あけましておめでとうございます。
かみおさん、はじめまして。
静香(しずか)と申します。
有り難い事に、当サイトでは人気ランキングNO.1の座を頂いております。
お喜び頂ける結果が出ていますので、最後までお読み頂ければと思います♪
長文になってしまいましたが、宜しくお願いします。
まず霊視をさせて頂いて「最近元気がない」と感じてしまいました。
何かお悩みがあるからこそ占いサイトにご登録をされた…それは分かっています。
…が、最近嫌な事でもありましたか?
あなたは元々感受性豊かで、明るく前向きな心を持ったお方。
ですが最近は、何か思い悩んでいらっしゃるようですね…
普段の霊視なら鮮明に視える筈の部分が、ボヤけてしまっていました。
人間ならば必ず持つ【 運気 】という要素があります。
単純に言えば、運気が優れている程に人は幸せな人生を歩んでいけます。
あなたは元々素晴らしい運気の質をお持ちです。
ですがお悩みが関係してか、主に対人運・愛情運・金銭運が停滞しています。
あなたが抱えているお悩み…
ずばり、対人面・異性面・金銭面に関わっているのではないでしょうか?
恐らくお心当たりはある筈です。
…が、あなたはこの先人生でも最大規模の幸福を手にできるチャンスがあります。
人生の転機と申し上げても良いでしょう。
それは【 飛躍期 】(ひやくき)というもの。
読んで字の如く、人生が飛躍する期間です。
この期間に入り込む事が出来れば、全ての物事が発展に向かい、悩みとは無縁になります。
夢を叶え、生きる希望が生まれてくる…月並みな言い方ですが【最高の人生】を謳歌出来るでしょう。
この【 飛躍期 】が、早ければ1ヶ月以内に訪れる可能性があります。
ただ…今のままではいけません。
【 飛躍期 】は、持っている運気の全てが飛躍する事で、幸福をもたらしてくれる時期です。
現在のように、お悩みが影響して運気が停滞している状態だと、
【 飛躍期 】そのものに運気が対応出来ず、機会そのものを失ってしまう可能性があるのです。
あなたがすべき事…それは【 今抱えているお悩みと向き合い、解決する為の努力をする事 】です。

①悩みと向き合い、解決する為の努力をする
②そうする事で、運気の停滞が止む
③問題なく【 飛躍期 】を迎え入れられる

この最高の流れに入り込みましょう。
あなたなりの言葉で構いません。
全てを吐き出してくれて構いません。
あなたのお悩みを、私に教えて頂けませんか?
ランキング1位となると色々な依頼を頂き、正直忙しいです(笑)
なので、私の方からこのようにお客様に返信を求める事は致しません。
ですが、あなたには幸せになれる可能性がある。
なので、全力であなたを幸せに導く事を誓います。
人生相談は、私の最も得意とするところですから、何でも仰って下さい。
今のあなたは、無理をしています…
また、苦しいのにあなたはその姿を人に見せない事で、
それが一層ストレスになってしまっているようです。

前向きなお返事、心よりお待ちしております。

スゴイ占いサイト「幸福の方程式」<前編>

P1040440
4日に、府中の大国魂神社までお参りに行ってきました。
カラス好きには外せない神社です。今年はすもも祭り行けると良いな。

今回のエントリはちょっと物騒なタイトルにしてしまった。
幸福になりたい方は最後までお付き合いください(……)

私は、例えばペンを持って文字を書くときに、そのペンはただの物質ではなく、
「わたくし」の意思を伴って、指や頭脳の延長として在ると思っています。
ペンだとちょっと話しが複雑になりますが、ただの棒切れでもそうです。
何かを成そうとして行為するとき、使う道具や周囲の環境は、
「わたくし」という個体と切り離されたものではない。
っていう話しは、前回のエントリで載せた本で論じられていますが。
この話しもそうとう難しいので、あとでゆっくり考えるとして。

私も最近スマホにしたんですけど、スマホを操作してる人を見てて、
この人の「自我」は今いったい何処まで広がってるのかなって思ったんです。
その指先がタップする先はほとんどワールドワイドウェブの世界。
あるいは誰かとの会話かもしれないけど、じゃあ、それは何処の誰との?
それがもしゲームだったとしたら、電車に乗りながらも、
その人の「わたくし」は全くの別世界にまで広がっているのではないか。
だとしたら、スマホってただの道具ではなくて、もはや人間の一部なのでは。
そんな風に考えはじめたときに目に留まった本が、
「ウェブ社会の思想<偏在する私>をどう生きるか」です。

ネット上での情報のやりとりって、現代においては膨大な量になります。
ビッグデータ活用ってよく言われてますけど、
ビッグデータっていうのはどうしようもないほど膨大なデータで、
こんなもんほんとどうするんだよってアレだから「ビッグデータ」って言うんだって、
IEEEの人から聞きました。IEEEの何処の人だったかは忘れた。
だからこそ、これって宝の山で、これを活用したらなんかしらかのビジネスになるんじゃ、とか、
それを活用するためのプラットフォームをなんちゃらするためのビジネスがなんちゃらとか、
そんなことをIEEEの人が言ってました(適当)
上記の本の中で鈴木謙介氏が、
「『ユビキタス化』が私たちの行動を逐一情報として記録する傾向にある」(P.19)
といってますが、これがまさにビッグデータというよくわからん宝の山を生んだわけですな。

個人情報保護とかなんちゃらが重要視される一方で、
個人に関する(住所や出身地などのいわゆる)情報が隠蔽されようとも、
スマホ一個持っていたら、今自分が地球上のどこに居て、
どうやって移動してて目的地はどこか、なんていう情報を、
逐一どこかのサーバーに向けて連絡し続けていたりいなかったりするっていう。

そういう個人情報の活用っていうのは、情報化社会で当たり前のようにビジネスに繋がる。
アマゾンさんとか、楽天さんがよくこういうのを使ってくださるし、
まあウェブショッピングでは最近は当たり前に見るから疑問にも思わないですよね。
「この商品を買っている人はこの商品にも興味が有ります」とか。

個人情報保護法っていう、いい加減なヤッツケ法律が出来たときに、
「個人情報を!!!保護しなければ!!!」っていう過激派も生んだんですが、
あれは「個人の情報を保護、あるいは隠蔽」するためのものじゃなくて、
こういう「情報」を活用するために、活用されるべきではない情報については、
適切に保護されなければいけませんよね? そのためのルールを作りましょうね?
という法律だったはずなんですね。
それが、だいぶ見切り発車だったから条文とかややこしくて曖昧で、
それがために個人情報保護過激派を生んでしまったわけです。
資格試験のときに読んだけど、条文めっちゃややこしくて嫌になりました。
試験にも落ちました。

でね、Facebookの宣伝広告が言うんです。
「32歳が人生の転機」「32歳の飛躍期を掴んで幸福になろう」って。
神尾 朝美、32歳。人生の転機で飛躍期だそうです。

その広告の主の「幸福の方程式」ってサイト。
これがすごいんです。何がすごいって、良く当たって幸せになれる。
って、ゲイノウジンがブログでめっちゃ宣伝してる。らしい。

ここがターニングポイント。今すぐこのサイトで無料鑑定をしよう。

<次回に続く>

2014年の映画鑑賞など振り返り。

P1030437
今年の映画鑑賞をこれで始めようとしたら止められて、
「ミランダ」が映画初めになりましたが、やっぱこれにしとけばよかったです。

そんなわけで……。

本当は大晦日に書こうと思ってた記事が今頃になってしまいました。
あけましておめでとうございます。

2014年の間に観た映画は、全部で154本でした。
去年の私、お疲れさんでした。ほんとに。
それで、154本中、良かったなとか、もう一度観たいと思った映画は、全部で36本。

2014年の映画初めは「ファニーゲームUSA」、映画納めは「アイ・ロボット」でした。
マイケル・ピットに始まりウィル・スミス(いや、ロボの方だな)に終わった感じ。
去年はとにかく大変な1年になることが解っていたので、
マイケル・ピットの理不尽な暴力映画で気合を入れて1年を始めたわけですが、
「もうダメだ」ってタイミングで暴力映画を観たくなるようでして、
10月に観たのが「オールド・ボーイ」。
そしたら、これは気軽に観てはいけないすごい映画で、逆に心折れたっていう。

去年観たのは全体的に鬱映画が多かった気がしますが、そればっかりでもなく、
バカ映画や能天気映画や恋愛モノ、青春モノもそれなりに見ました。
でもやっぱり全体的に鬱映画が多いかも……。
ホラーで鬱エンディングとか、恋愛映画だけど鬱エンディングとか。
能天気なのとか気楽なのとか簡単なのを観なかったのは、
やっぱりそれだけ追い込まれてたのかなあ、なんて思います。
鬱の時にテンション高い映画なんか観てられないもんな。ボラットとか……。

あ、でも、「ヘアスプレー」「バーレスク」「フル・モンティ」あたりは、
落ち込んでるときに観てとても元気が出たのですよ。
「フル・モンティ」を観たのは確か一昨年だったけど。もう一回観たい。
あと元気が出たテンション高い映画っていったら「俺のムスコ」。
これもバカ映画だったけどまた観たいです。

劇場で観たものでは、やっぱり「GOZIRA」が凄かったですねー。
あとは「思い出のマーニー」「マレフィセント」「黒執事」が大変良かった。
あ、あと「アナと雪の女王」も良かった。

「マレフィセント」はカラス的に大興奮映画でしたよね。
カラスの為に2回も劇場に行ってしまった。
「黒執事」は賛否両論あったですけど、わたしはド嵌りしましてね。
こんどDVDだって買っちゃうよ……。
DVD買っちゃうといえば、タイバニも去年でしたね。ライジングでしたね。
去年はタイバニがライジングしたおかげで、私のタイバニライフがライジングでしたので。
ライジングマジライジング。そんな感じで。アニメ2期。たのむ。

他の気になりつつ観に行かなかった作品は、気が向いたらレンタルしてみますです。

アニメのテレビシリーズのレンタル視聴分はカウントに入れてないですが、
去年は「TIGER&BUNNY」「創聖のアクエリオン」「魔法少女まどか☆マギカ」を見ました。
タイバニはDVD-BOX買って隙あらば見てるのでいいとして、
アクエリオンもなかなか良い作品でございました。
まどマギにいたっては、完全にわたしナメてかかっておりまして、鳥肌が立ちました。
もっと早く知ってるべきアニメだったと思います。劇場版まだ借りられてない。
正月休みに、弟から今期の弟的ベストアニメ情報を仕入れてきたので、
今度また見たい映画がなくなった頃にアニメ棚をうろつきたいと思います。

P1030439
去年、お預けを食らっていた論文集。やっと解禁ですよ。
この休み中に実家で少し読み進めたんですが、たいへん面白い。
本当は、ジェームズ・ギブソンもちゃんと読みたいんですけどね。
いかんせん、1冊が高くてどうも。借りて読むのもなぁ。アレだしなぁ。

あ、ところで、読んだ本は37冊でした。そんなに読んだのか。
どうりで本棚がパンクするわけです。

今年は1年かけて去年の疲労を癒すつもりでいますので、
この辺の読書やら考え事やらをのんびりやっていきたいと思います。
映画は、本数的には去年を越えるのは難しい気がしますが……。
(……去年はほんとに、自暴自棄に映画ばっか観てた時期があったので)
それなりにのんびりと、観て行きたいと思います。

いやー、ていうか、「ミランダ」酷かったわ。
心底ヴァン・ダムで始めるべきだったと後悔している。
人生には後悔がつき物ですね……。

本年も宜しくお願いいたします。

コミケ期間中ですし、著作権の話題でも。

PC270410
新宿三丁目。で、見かけた背中。
この手前にラブホテルがあってですね。はい。

PC250409
そんなことより、壇蜜さんに誘われてFRIDAY。
このひと本当に好きなんです……。美しいし面白いし美しいし。
どっかの誰かが、
「外見の美しさは問題じゃない。内面の美しさが外面に現れるのだ」
とか言ってて、「結局人は外見ってことだろ!」って突っ込んだんですが、
壇蜜さん見てるとそれってほんとうなのかもなぁって思っちゃう。
ただの惚気ですが、私の恋人も大層美しくてですね。
あなたはそんなに美しくて一体どうするつもりなのって常々思ってます。
あのひとも内面の美しさが隠し切れずに出てきちゃってる感じだもんな。
どんなに外見が整ってても、中身が伴ってないと美しく見えませんもんね。
って、恋人の話題はちょっと控えてくださいってウシロノヒトに言われてたんでした。
知るか。

そうそう、こうやって雑誌の表紙画像をブログとかに載せるのって、
著作権的にどうなのってちょっと調べたんですが、どうもダメっぽいです(ぉ
一応、これ著作権の侵害になるとです。中身なんかは載せたら即アウトです。
ただ、表紙は普通に店頭でも目に入るものだし、中吊りとかにも載ってるし、
その雑誌の誹謗中傷記事書いたり、購買妨害をやらなければ黙認って感じらしい。
これも本当は出版社に問い合わせて許可を得るってのが本来なんだけども、
個人のたいしてアクセス数もないような記事でちょっと触れる程度だったら、
いちいち問い合わせてくんなくても別に訴えたりはしない、ぐらいの。
ただし、袋とじの中身載せるとかは絶対やっちゃだめですけども。
まあ表紙ぐらいだったら、っていう、要するにグレーなんですね。

著作権ついでに、TSUTAYAのレンタルCDってどうなの?って疑問も解消しといた。
あれ、聞くだけで返すもんだとずっと思ってたんですよ(笑)
ウォークマンとかに入れるのって大丈夫なの?ってずっと疑問で。
私的複製権がありましたよねー。じゃあレンタル料ってその権利料なんかな?
ってことは、結局レンタルCDで聞いてもアーティスト本人には何のお金も入らないってことか。
その辺は、古本で買って読んでも作家には一銭も入らないのと同じだよね。
応援したい人のものは必ず新品で買ってるけど、その姿勢は継続しなきゃだわ。

で、疑問が解消したのでレンタルCD借りてみたんですー。
ずっと気になってはいたけどってやつ。
凛として時雨と、フジファブリックなんですけど。
ピック買ったのに一曲も聴いたことがなかった(笑)凛として時雨は、
ネット見たらなんか叩かれ気味で厨二バンドとか書かれてて、
だいぶ不安は不安だったんですけど、聴いてみたらまあ好きだった。
たしかにちょっと不快感があるな。まあでもそれくらいないとつまらん。
フジファブリックは、借りに行った時に一緒に居たケンさんに、
「お前が聴く感じじゃない」「俺は好きにも嫌いにもなれない」って言われて、
私が聴く感じってどんなやって思いながら借りてみた。私は音楽は雑食だからな。
まあ、聴かない感じではないし、嫌いでもないんだけど、うーん。
もうちょっと聴いてみないとわかんないなー。
最近、ウォークマンの中身に飽きてきてしまってて(語学系が多いせいもある)、
新たな音楽領域を切り開いていきたいので、何かオススメあったら教えてください。

ひとやすみ。

わたしはもうじゅうぶんがんばったんだ。休んで何が悪いんじゃい。
って、自分に対して居直らないと休めもしない私です。
そんで、鬱まっしぐらに落っこちて、
ここ二週間ばかり延々と泣き続けるっていう週末を過ごしました。
でもそのおかげで今日あたりから浮上できてます。
鬱になるときって、たいてい限界超えて頑張りまくった後なので、
鬱になったら諦めて休むって開き直ろうって最近思ってます。
そもそも、うつ病自体はまあ、それなりに克服してて、
あとは再発を何度も何度も繰り返しながらそれなりになってくだけと思うので。
一気になおそうなんてねー、無理ですよ。
それでも不眠症は治したんだし、眠れないことって無くなったし、
眠れてるだけいいんじゃないのって。

pic

ピック買ったよ……! ぱみゅピックと、凛として時雨。
黒いヤツはいつも使ってるやつ。
楽器屋の兄ちゃんにオススメしてもらったの、使いやすい。
でも可愛いのが欲しかったんじゃい……。可愛いのだ。
最近、またギター練習再開してるんです。エレキです。
って言うと、「エレキギター弾けるんだー」って言われるんですが、
弾けませんよ。弾けないから練習してるんです。OK? 弾けません。

思えば、そう、去年のクリスマスでしたね……。
モトオットにこのエレキギターを買い与えられたのは……。
あのときに、離婚の意志が萌芽しはじめてはいたんですけど、
でも、手元に演奏できない楽器があるって、ちょっと救いです。
今みたいに、鬱でどうしようもない上に創作意欲も皆無で、
読書も勉強もやる気が起きないときに、生きる気力を保つ方法っていったら、
もう編み物するか楽器やるかしかないですからね。
で、興味はあれど私の財力では、エレキギターなんか手が出なかったので、
その点はとても感謝していたりするのです。ありがとう。
モトオットに対して感謝してることって結構多くて、
別れたけど、はじめから出会わなければよかったなんて思っていないし、
むしろ本当に出会えたことは幸福だったと感謝しています。
離婚したことも、ぶっちゃけ後悔してる。
ただ、離婚しなかったらしなかったで後悔したと思うので、
後悔はしてるけど、離婚しなければよかったと思ってるわけでもない。
ふとしたときにものすごく悲しくなることはあるけど、
でも、まあ、死に別れたわけでもないし、
縁があればまたどっかで道が交わることもあるんじゃないかなぁ、なんて。
知らんけど。

どうにかしようとすればどうにもならなくなるし、
何とかしようとする努力は、たいてい無駄な足掻きにしかならない。
求めることをやめて、足掻くことをやめても、それは投げ出すってことじゃない。
捨てるのではなく、手放すのだと。次の一歩の為に。
「自分自身を信じて」と、Alexに言われた言葉を何度も思い出す。難しいね。
いまは、ちょっと休憩します。

死体と人形

PC200406
東京展の先輩で、関西展の方からお手紙を頂いて、
四谷シモンさんの人形のポストカードを一緒に入れて頂いてしまいました。
ありがたいです。ありがとうございます。シモンさん好きなんです。
もうすこし精神的に浮上したらお返事いたしますが、
精神的に浮上する前に書いておこうと思ってた記事があったのでブログを先に。

私は人形の写真を作品として出してるわけなんですが、
やはりよく言われるのは「人形は展示しないのか」ってことで、
何度でも言いますが私は人形は展示しません。
必ずどうして展示しないのって聞かれるんですが、どうしてもとしか言えません。
どうして私が人形の写真を展示して、人形を展示しないのか、
その理由なんて、私が一番知りたいです。
生理的に無理っていうのが一番しっくりきます。
人形の写真は人目に晒す為に撮っているけれど、人形はそうじゃないし、
こんな死体みたいなもん見てどうするのっていうのが本音だったりします。
どうせ「ふーん」「へー」ぐらいしか言われないでしょ。
いま私が「見せません」って隠してるから見たいような気になるだけで、
隠さずオープンに見せてたら、別にこんなもん見たってどうってことないですよ。
って、いうのが、まあ、本音です。
私の人形なんかより、他の人形作家さんの人形見たほうが何倍も綺麗ですよ。
オビツボディのカスタム人形なんて展示したってどうしようもないでしょう。
なにか意味があるような気がするのかもですが、それは私が隠してるからです。
で、私が隠してるのは、意味が無いからです。
以前、私がずっと在廊する個展なんかでは、人形もずっと連れてたんですけどね。
個展会場で作品撮りしてたっていうのもあるけど。
最近は時間が取れなかったり体調が悪かったりでなかなか在廊できなくて、
それで「なんで人形見せてくれないの?」って言われることが増えたかもです。
ずっと人形連れてた頃は、当たり前だけどそんなこと言われなかったし、
私が自分の人形に対してどういう態度で接してるかを見せてたので、
「『展示』しないの?」なんて質問はまず飛んでこなかったんですよね。
まあ、たぶんこれは自分が悪いんです。
人形に対する態度も最近ちょっと雑になったしな。
前は自分の人形を他人に触らせるのも嫌だったよ。そりゃ今も嫌だけど。
「触るな」って言える立場にない場面が多くて。
あーあ、この人形に対するスタンスは変えるべきじゃなかったなって、後悔してます。

とはいえ、もうすっかり創作意欲がありません。何も創る気が起きません。
しばらくは作品とかなんちゃらっていうことはもう考えないで、
私が作品なんか創り始める前の考え事に立ち返ろうと思っています。
考え事あっての創作だったんですけど、いつの間にか作品を創らなきゃってなってました。
それじゃ本末転倒なんですよね。私の創作は、創作であって創作じゃないんです。
そのことをいつの間にか忘れていたんですよね。いけません。
どこから本筋に戻っていこうかなって、今はまだ手探りです。
でも、やっぱり死体から戻っていくのかなって気がしています。

私が人形を撮ってることに関して、神尾っていう活動名義のせいもあってか、
いわゆる「ヒトガタ」っていうアレを連想される方も多いんですが、
どちらかというと、私は死体の方をイメージしてるんだと思います。
あ、もちろん、「魂の入れ物」的な意味合いでは、
ヒトガタを連想している部分も多少はあると思いますが。
アンドロイドとかロボットとかいうアレについても考えてはいますよ。
まあいずれにせよ、「ココロ」や「イノチ」と「カラダ」を切り離して考えてしまうと、
それってつまり「中身」と「ガワ」って話になってくるわけで、
その「ガワ」が、人形か機械か、かつて生きてた人間かってだけのことじゃないのって。

死体には、特別な思い入れがあります。
その思い入れなんかは、別に私がずっと持ってればいいだけなんで、書きませんが。
「死」に対してもそうです。
そして「死」について考えるとき、どうしたって「生」について考えなければならない。
でも私は「生」を「死」ほどは愛おしいと思えていないからなー。
まだまだなんだろうなー。まだまだだー。

なーんて。これが考え事の導入。本筋に戻るためのほんの入り口。
この先が深くて暗くて長く険しい。でも楽しいのです。シッテル。
この考え事の最中に、また創作意欲が戻ってきたらいいなあって思いつつ。

うっかり、ちょっとした病気をやってしまったので、しばらく治療に専念です。
うつ病も再発してるけど、まあ、こっちはどってことない。再発には慣れてる。
治療に専念ったって、仕事には行かなきゃならんから、
どうにか無理だけはしないように気をつけなきゃなりませんがね。
SOSの発し方を知らないので、しんどい時ほど一人になろうとしてしまうま。
本当にダメになったら、どっかの山奥とかに行こうと思う……。
アパートで腐乱死体は近隣の迷惑だしな……。いや、この季節に腐乱は無理か……。

……冗談ですよ?