Monthly Archives: 12月 2008

◎天皇誕生日に応急救護。

12月23日の天皇誕生日はご主人様の誕生日でもあるため、
めでたく40マイナス1歳となったご主人様におめでとうを告げ、
武蔵新城に旅立つ猫一匹……。
この日は朝から学科→シミュレーター→昼休み→応急救護
という教習内容のため、夕刻まで学校に詰めておりました。
朝、シミュの配車しようとしたら時間早すぎて配車エラー…。
20分後にまた来てくださいと言われたのに、
すっかり忘れて学科に入っちゃいましたよ……。
この時間は自動車の保守管理の授業だったもんで、
模型見てシミュの配車忘れたことに気づいたんですが、
時すでに遅し……。
黙って授業受け、タイヤ交換の実習をこなし、ダッシュで配車カウンターへ。
そしたら、朝受けてくれたお姉さんがニコニコと配車券渡してくれました……。
うう……いつもすんません……(いつもお世話になっているらしい)
シミュでは、ひたすら峠をグルグル。
スピード上げてカーブ曲がっちゃだめだよ体験&カーブの先には何かがあるよ体験。
がっつりトラックと衝突して命を落としました。
そのあとは昼休みだったので、いったん原簿を返して買い物へ。
駅前のモスに行きかけたのですが、そんなに時間がないことに気づいてローソン。
教官だらけで買い物しづらかったよ……。
パンげなものと、スウィーツげなものを買って、教習所に引き返し、談話室でもぐもぐ。
再度原簿を受け取って、応急救護3時間連続授業に突入。
はじめの1時間でビデオを見ながら流れを聞いて、残りの2時間実習。
実習の時、教官と目が合ってしまい、ひたすら助手にされましたよ……。
意識のない人を運ぶ実習の時に運ばれたり、
意識がなくて自発呼吸がある人を回復体位にするときにひっくり返されたり、
ノドに物が詰まったときに吐き出させる処置の実習でグエってやられたり……。
ペアの人ともやったから、なんかちょっと得しました。
でもペアの人は普通車だというので、私は二輪だから多分即死だと思います、
とか発言して引かれたりしてみました。
実習では、人形を使った人工呼吸と胸骨圧迫もやったんですが、
いやはや、胸骨圧迫ってスゴイ力いるんですね……しかも30回……。
私が一番はじめに習ったときは5回とか聞いてたんですけど。
それっていつのガイドラインだよみたいな感じでした……。
人工呼吸するのに、最近ではこういうマスクがあるそうで。
IMG_4978.jpg
患者からの感染を防ぐとか、単に見ず知らずの人と口対口はやだとかいう時に使うといいそうです。
これ、黄色の所に弁があるので、こっちからの息は通るけど向こうからは通りません。
ジャミーさんと同じ会社が作ってるってことまでペアの人と発見しちゃいましたよ。
休憩時間は、みんなでジャミーさんをいじって遊んでました。
最後は、AEDの使い方とか止血の仕方とかでした。
……以前、仕事中に包丁で左手の人差し指をザックリ切って、
間違った止血されて血が止まらずに大騒ぎになった経験があるだけに、
止血方法はじっくり聞かせて頂きました。
結局、その指は8針縫ったんですけどね……未だに疼きますよ……。
ちょっと神経傷ついちゃってるしね……。
それ以来、紙以外では手を切ったことがありません。
ともあれ、風邪の悪化した一日となりました。
なんとか年内に学科稼げたのでよかったかなー…。
自由走行のコースが全然作れないので、後でご主人様に泣きつこうと思います。

◎第一段階突破!!!

12月15日、晴れの日の夜。気温はすこぶる低い!
この日、クランクをクリア出来たら第一段階を終わることができるという、
実に運命の日だったわけですが、実はそんなに拘ってなくて、
まあもうちょっと練習できるならもうちょっとやりゃぁいいやとか思ってました(ぉ
んで、とりあえず外周2周してから、1号コース。検定のコースですな。
とにかく指導員の後ろをまねしてついてきて、ってことだったので、
まねしてついていく。
相変わらず方向指示器の出し方が遅かったり消し忘れたりで、
同じ時間にやってる大型二輪兄さんたちを惑わせてしまいましたよ。
前回、乗車姿勢を直して貰ったおかげで、なんだか楽に乗れます。
いつもどんだけ肩に力はいりすぎだったんだって感じでした。
あれじゃダメだわ……ってのが実感できたので、これもよかった。
あれだけグダグダだったクランクも、乗車姿勢と目線気をつけるだけで、
だーいぶ改善されましたよ。
ただ、ちょっとテンパるとがっつんがっつんしてしまうんですけどね……。
で、案の定クランクだけぐるぐるやらされ……。
でも、大型二輪兄さん達もクランクを何度かやってたので、
ちょろっと順番待ちがてら見学させてもらったら、
ライン取りの勉強がとっても出来ました。さっすが大型二輪兄さん。
勉強しながらグルグル回ってたら、あんだけスッ転んで大アザ作ってたクランク、
なんとかスンナリ通れるようになってしまいました。
S字はひたすらビンクスの酒歌いながらヨホホホ~です。
急制動も、まあ小型は30Km/hなんですけども、指定位置でぴったんこ。
……なぜか一本橋が一回も渡れないという快挙を成してしまったんですが(--;)
教室に帰ってから、指導員のたまわく。
「じゃ、佐藤さんね、第一段階終りね」
ってことで、曲線バランスとみきわめの欄にハンコをぺったん。
「一本橋なんか、第二段階でも何回でも渡るし、クランクも何回でもできるから」
「要は卒検の時にできりゃいいんだから、あと学科頑張ってね」
……そうでした。
あたしってば免ナシなんで、第二段階の学科が山ほど残ってるんです。
……そんな具合に、第一段階を突破。第二段階に進むことになりました……。
まずは学科じゃーーー!!!!

◎あとちょっと……なのか?

12月12日、晴れの夜。すっかり寒くなりましたな……。
この日は2時限でしたが、配車の時点で苦手な指導員だったことが判明。
しかも仕事が年末進行でグッタリしていたので、
教習前に5分間だけ談話室で爆睡しておきました。
そして教習開始。
あぁ~…、やっぱ苦手な指導員だ~…。
と、若干ウツ入りながらも(笑)プロテクター付けて準備。
ウォーミングアップ走行で毎時間外周2周するんですが、
……なんだか……エンジンがかからない……。
毎回、マニュアル小型の2号車君が相棒なんですが、
彼はタンクがボッコボコ&ランプをクロステープで補強っちゅー、
とっても虐待の被害に遭っている子です……主に私の?(--;)
見た感じ、マニュアルの小型限定やってる人いないんですよねー…。
会ったことない……昼間にはいるのかなー…??
んで、やっとかかったと思ってもすぐに止まってしまう。
とにかく何度もトライ&なるべくエンジン回転落とさないようにしつつ、
無理矢理ウォーミングアップ走行開始(笑)
その後、Bコース走って、ひたすらS字とクランク。
目線が近いのとニーグリップが出来ていないのと肩に力が入りすぎ、
っていうのはもう何度も言われてたんですけど、なっかなか直らず。
しかも苦手な指導員とあって、テンパるテンパる……。
テンパったまま1時限終了しましたが、なんと、今日はコケない。不思議だ。
2時限目始まる前に、「なんか質問ある?」と言われて、
もう苦手な指導員ついでに(何ソレ)思い切って聞いてみた……。
「どうやったら肩の力って抜けますか? ちゅかむしろ、運転姿勢教えてくれ」
……ぶっちゃけ、6時間目ぐらいまでずっとバイク乗ること自体が怖くて、
なんでかしらんがハンコは押されてっちゃうし、おかげで変な癖がつきましたよ、と。
思い切って告白してみてしまったのだ。
そしたら、ずっと仏頂面だった(だから苦手だった)指導員が、
苦笑いしつつ(苦笑いもしなかった)、じゃあ、運転姿勢のおさらいからやってみよう、
と、教えてくれましたとさ……。
そこからは、その指導員への苦手意識も薄らぎ、リラックスしてBコース。
いやはや、正しい運転姿勢ってのを理解して、そうしようと努力するだけで、
走り方が全然変わりますな。
今までガッツンガッツンなっちゃって苦手意識も甚だしかった8の字を、
もうグリングリン回れるようになりました。スゲー。
不意に、指導員にストップをかけられ、またなんか怒られるのかと思ったら、
「坂道行こう」と、なぜか立ち乗り姿勢を教えられました。
小型で立ち乗りってするのか??? と教科書を反芻しつつも……。
立ち乗りで坂道上り下り……。
下りてるとき、単にへっぴり腰になってる気がしたがまあいいや。
で、次は坂道発進。上りでいったん停止してまた発進するやつですな。
停止して、後輪ブレーキ踏んだまま回転上げて、クラッチつないで、ブレーキ離して???
ちょちょちょッ……!!! 落ちるんですけど!!! →ブレーキ
え……? スロットル回せなくね……?? →それ前ブレーキだし
なんでバイク動かないの……!!!? →クラッチ
クラッチつないでも動かないんですが!!!! →ブレーキ踏みっぱなし
↑と、しばらくパニックしつつ……も、なんとか、クリア……。
この後、再びS字&クランクをぐーるぐーるとまわって、時間終了~。
坂道合格してしまった……!!!
あと、曲線バランス(てかむしろクランクだけ)合格して、
みきわめ合格したら(それが難しい……)第一段階終了です(泣)
この後、学科の第二段階が激しくめんどくさいので、早く合格したい~…。
ライダーへの道は遠いのである……。

◎寒い季節となりました…。

教習のある日で会社に行けてる日は、いつも着ぶくれています。
バイクの教習には厳しい季節になって参りましたな……。
でもまあ、教習が始まってしまえば、そんなに寒くはないんだけど。
今日は、定期検査の後で教習のはずだったんですが、
さすがに甲状腺検査のあの量の採血して教習する自信なかったので、
急遽カフェ&ファミレス梯子で時間つぶし……小説書けずに凹み……でした。
今日は、なんかはじめての指導員でしたが、教え方うまかった。
何がどう出来ていないからどうダメでどうすればいいか、
っていうのを言ってくれる……って、甘やかされてるのかとも思ったけど、
でもそうでもせんと私は理解できんからな(笑)
ニーグリップが出来ない理由までキッパリ言い当ててくれたときは、
指導員の背後に後光が差して見えましたよ(笑)
どうしてもやっぱ、怖いんですよね、まだ。
そんで、倒れそうなときにいつでも足付けるようにとか思ってると、
膝が開いてしまうわけで、かえって安定しない(苦笑)
今日の指導員は、この恐怖心をわかってくれて(笑)
そうじゃねーんだってことをトコトン教えてくれました。ありがたかった。
聞いたところ、その指導員が免許取ったときも、
同じ理由でニーグリップできなかったんだってさ(^^;)
なんかちょっと安心。
あと、今まで誰も指摘してくれなかった、発進の間違えを直してくれた(ぉ
もー、なんかおかしいと思ってたんだよーー(><)
誰か教えてくれてもよさそうな……だって発進のハンコくれたじゃんかよー…。
でも間違ってることがわかって安心(笑) 絶対おかしいと思ってたから(笑)
……そんな具合で……一本橋……ハンコ貰えました……。
あと、S字クランク坂道……まだまだだなぁ~…。