Monthly Archives: 9月 2011

房総(タンデム)ツーリング→ 序章

姐さんの緊急入院という事態に見舞われた、房総ツーリング初日。
姐さんと別れて失意の中、ZZR1400さんのもとへ、トボトボ……。

お宿にキャンセルの連絡を入れる元気も出ないまま落ち込んでいると、
ZZR1400さんのタンデムシートに積まれ、そしてそのまま運搬されておりました。


カメラにはなにがなんだかわからない画像が目白押し。
転回禁止?


川? 河?


柵?

 

タンデムシートに乗るのなんか久々すぎて乗り方忘れてるし、ZZR1400さんの加速すごいし、
道路にはズタボロの魂がコロッコロ落ちていきましたよ、コロッコロ。

 

渋滞すりぬけとか……すりぬけとか……渋滞とか……怖い!!! 後部座席怖い!!! お尻痛い!!!

 

でも海沿いの道は大変気持ちよくて面白そうでした、ええ、自分が運転してれば。
ツーリング日和だったし、自分が運転してればとても楽しい思い出に……あ、涙が……。

 

そんなで、ほとんど記憶にありません。
でも、姐さんライダーの前でタンデムシートに乗るあの恥ずかしさは忘れない。
何度大声で「バイクがーーー!!!壊れなければねーーー!!!」と叫びそうになったか。
うう、恥ずかしかったよぅ……。

 


海草風呂でタマと。もうくたくたじゃよ……全身痛いよ……。


伊勢えび……伊勢えびはおいしかった……ぷりぷりしてた……皿の上で動いてた……。

あぁ、自分で運転して来てたらもっと美味しかったかもしれないぃぃ~…。

あと、ZZR1400さんも後ろにナマモノ積んで荷物背負って走ってくれたので、
大変お疲れになったと思う……ごめんなさい、ありがとうございました。
でもタンデムはもうコリゴリです……。

 

あれ、なんか、デジャブが……。

 

 

……そんなわけで……。
これが、【大ライダーへの道・序章】となったのでした……。

 

 

※ちなみに、姐さんはキャブレターオーバーホールのため、依然入院中。
こないだタイヤとチェーンとスプロケかえたばっかりでコレとは、
あのひとは新車になろうとしているに違いない……。

緊急入院。

先日、伊勢えびを食べるべく房総半島ツーリングを計画し、
いよいよ当日、意気揚々と荷物を積んでエリミネーターで出発。
したのです。

 

が。

 

出発時点で、何かエンジンの調子がおかしい。
でもそこはエリミのこと。
しばらく走ってればのってくるだろうと、府中街道~鶴川街道。

しかし、どうもおかしい。

エンジンの回転数がどんどん落ちる。
信号待ちではもうスロットルを放せない。
そしてついにエンスト。→ エンジンなんとか始動。→ ちょっと走る。→ エンスト。

これを繰り返して甲州街道ちょこっと行ったところで、

 

ガシュッ……キュゥン………。

 

セルは回る。しかしエンジンがかからない。
ここは右側車線。もうすぐ信号も変わる。
エンジンはかからない。

かなりパニックになりつつ、後続車に頭を下げながら左に寄り、停車。
歩道に上がる……上が……あ、上がれない……。
チョーク切ってスターター押してみる。セルは回る。

エンジンはまったくかからない。

異常に気づいたZZR1400さんが徒歩で引き返してきてくれて、
事情を説明し、様子を見てもらうも、事態は好転せず。
途中通り過ぎてきたバイク屋さんまで押していって、
見てもらうことに……。

 

で……。

後ろに積んでた荷物(激重)を担ぎ、姐さんを押して歩道を進みます。
ヘルメットの中は大変なサウナ状態。
なんだって今日に限って夏日なんだ、昨日まで涼しかったのに。
しかも微妙な上り坂と下り坂。
ぶっ倒れそうになりながらも、なんとかバイク屋さんに……。
しかし……急ぎのお客さんがいるので見てもらえないという事態。
で、デスヨネー……。

「さっき調子悪そうに走って行ったでしょ~、あれじゃムリだよ」

デスヨネー!!!!

 

……仕方ないので、購入店に電話。

ZZR1400さんも、どこぞにバイクを停めて様子を見に来てくれる。

「なんかガソリンくさい」

との言葉に、姐さんの足元を見ると、

 

……ポタッ……ポタ……ッ……

 

ヒイイィィィ!!!! 姐さんなんかしたたってるよおおおおぉぉ!!!?

 

……ガソリンでした。
キャブレターからガソリンが……。

 

購入店「その様子だとすぐには直らないから、そこに預かっててもらって、あとで引き上げに行くんで」

 

……こ、こんなことって……。

私の房総半島は……? 私の伊勢えびは……??

 

ZZR1400さん「うーん、キャンセルだな」

 

ええええええええええ!!!!!!!!(号泣

 

続く。

※パニックになってたため写真なんか一枚も撮らなかった。
姐さんと別れるときに撮るべきだった。無念。

テールランプ交換。


先日のツーリングの後にご主人様から、
テールランプが切れていると指摘があったので交換しました。


315円。


ちょっとパッキンがぺろぺろしてる。
姐さんのからだでねじをぐるぐるしたのは、
こないだ高速道路でカバーが外れたときから2回目。
なかよくなりたい。

丹波山ツーリング・後編


たちばなさんは民宿です。いわゆるほんとの民宿。
かつてはとても栄えていたんだそうだけど、
今となっては民宿も4軒ほどだとか。


おゆうはん。
野菜はほとんど民宿のおかみさんが畑で育てたもの。
とても愛情を感じました。
打ちたてのお蕎麦も頂きましたが、
こちらもおかみさんが栽培されたお蕎麦。
なんともいえない贅沢なお食事でした。


塩焼き!塩焼き!


お夕飯の前に一人で散策をしていました。
うーん、限界集落……。


丹波山のキャラクター、タバスキーが見守っている。
なんかグッズいっぱい売ってた。


雨で路面が濡れてたので、橋と道路のつなぎ目の金属のやつんとこで、
大変後輪がスリップしました。ヒップダンス。
姐さんはKARAになりたくなったのかもしれない……。


またカレーとピリ辛鹿丼とわさびソフト食べに行きます。
って、ぜんぶからい。

おわり

Category: ツーリング

丹波山ツーリング・前編


丹波山といえば、免許取ったばかりの頃に行った、
奥多摩ソロツーリングですよ。
トンネルは今でも苦手。カーブはなんとか曲がれるようになった。
むしろ自らすすんで山道走りたいと思うようになった。
でもトンネルは苦手。

そんなわけで、一人で行ったときとは逆から山を登ることになりました。
ご主人様のZZR1400さんと一緒に。
わさびソフトが食べたくてムリ言っちゃったんですけど、結局食べなかったよ。


雨でした。湿気が酷かった。
そんで、真っ白でした。霧降並みかも。


ヒィ。


思い出の道の駅たばやま。
この日はバイクも車も少なかったです。
やっぱり雨だったからかな?


鹿丼! 大和煮をご飯にもりっとかけたやつ。
うーん、ピリ辛のほうにしとけばよかったかなーって途中から思った。
今度ピリ辛食べに行こうっと。あと鹿カレーも。わさびソフトも。


お世話になったのは民宿たちばなさん。
どーにも場所がわかりづらくてぐるぐるしちゃいました。

つづく

Category: ツーリング