Monthly Archives: 10月 2011

大型二輪技能教習・7時限目→バイクは格好から

昨日のスクーター教習の疲労も取れぬ本日午前中。
10時台の教習でCB750乗ってきました。
今週も体調が悪くてバイク乗れてなかったけど、
昨日教習所までの往復で姐さんに乗ってたのでだいぶ違った。

もうとっくに超過してるので、曲線と一本橋の復習をのんびりやらせてもらいました。
8の字と小回りをぐるぐる……うーん、まだこわい。
でも前回よりはだいぶ良くなったって言ってもらえた。
ただ、なんか、油断するとギアがニュートラルに入ってしまう。
入れようとすると入らないんだけどなー、なんだかなー。

一本橋は、8秒。頑張って8.8秒。壁がある……。
大型二輪は10秒ですからね……がんばらねばー…。

S字とクランクは何とかなったけど、まだ「なんとかなってる」だけだし、
スラロームはアクセル入れないでトコトコ走って通れる程度。
ってことで、曲線はまた次回に持ち越しになってしまった。
いや、練習したいし教習所居る間にいろいろやっときたいからいいんですけど。

んで、まあ、あと坂道発進。まだやってない。
曲線OK出て坂道できるようになったら、とりあえず一段階終わりですかねー。
寂しいすねー。いや、早く出て行けよって(笑)
また二段階が長いんだな、これがwww
免許更新までに大型取って、免許証の裏面酷いことにしたいんですけど、
間に合うかどうか微妙かも。

#小型限定→普通二輪と取ってきたので、表は「小型に限る」になってて裏に解除とかいっぱい書いてある。
#んで、途中で住所も変わったから、もうすでに書くとこない感じw ここに大型追加するのが夢。
#来年更新だから、間に合わなかったらちょっとつまんない。でも微妙。

とりあえずハンコは一個ゲット。ブレーキの理解ってとこ。
あれかな、前ブレいじる癖が直ってきたからかも。

んで、二輪教室で教官と話してたときに、隣の教官がニコニコと見つめてくるので、
「な、なんですか」つったら、「かっこいいね」って言われた。革ジャケが。
「白バイ隊みたいでかっこいいよ」って。革ジャケが。
ヤケクソで爆笑しながら「格好だけですよッ」と言ったらちょっと涙声になった。めそ。
んで。

「バイク乗りは格好から入ればいいんだよ」

だ、そうだ。

……そっすか。
かっこよくなりたいです。全体的に。

大型二輪技能教習・6時限目→二度と乗らない。

……ATでした。

ATっちゅっても……ATじゃなくて……スクーター……。

「左のターンピックがあまいな」

とか。言えるわけも無く。

スクーター自体は、スズキのスカイウェイブ650でしたよ。
ビッグスクーター、こわいですね。なんだかもう。
重いしね。はんぱでなく重いしね。
ほんといつ動き出すのかわからないし、曲がれないし、曲がれないし。
当たり前のように何度も転ばしましたけどね。
教官に今日一番言われたのは、「顔がこわい!」でしたよ。
だってこわいんだもん!!!こわいよ!!!

授業終わり間際に8の字連れて行かれて、
「満面の笑みで8の字一回出来たらハンコやる!」とか言われ。
ヤケクソ。半泣き。泣き笑い。あははー!あはは!だよ、もう。

スクーターなんかもう二度と乗らない!!! 寝る!!!

大型二輪技能教習・5時限目→ズタボロ

今日は雨上がりの5時限目でした。
今週は一週間まったくバイクに乗らなかった。
なんか、いろいろ詰まってて、忙しくて、体調も悪くて、なんか。
そのせいか教習所までの道のりで、もはやダメ確定。
やっぱ日々乗らないとだめすなー…。
それは普通二輪のときに学んだはずなのに。
もっと時間の使い方上手くなりたい。

そんなわけで。
本日は大型二輪わたしだけ。他、普通二輪がいっぱい。
あと小型MTの卒検受けてる女性がいた。過去のわたしがみえる……。

そういえば、普通二輪の卒検で乗車前にバイク倒すとかやったなぁ~。
なんて、懐かしんでいたら。

やった。

教官「じゃーはじめ外周2周するんでー、まず乗車してくださいー」

ハンドル右に切る → ブレーキ握る → スタンド払う → 右足上げて → バイク倒す

教官「……えっとぉ……、乗車ってわかる……?」

ヨッシャー! 調子出てきた!!!ヽ(`Д´)ノ
道に迷ったのはさておき、前2回の技能教習はおかしかった!
このレジェンド・オブ・ディスティニー・ズタボロが、
いきなり4つもハンコ貰うとか、絶対におかしかった!!!
調子出てきたぞーーー!!!

しかし、小型とか普通のときと違うのは、大型だということ(そりゃそうだ。
オーディエンスの視線はほとんど大型二輪に集まる。
普通二輪の教習生なんか特に……ご、ごめんなさい……がんばる……。

その後の一本橋でも、乗った直後に落ちるとか、落ちてこけるとかやりつつ。

教官「うーん、まず、一本橋に乗ろうな」

とか、アドバイスされつつ。私もまず乗りたい!!!
こないだは乗れたのにーーー!!! 今日は一本橋だけで2、3回こけた!
傾いたときに、立て直そうとして踏ん張ってしまって、
それでも立て直せるはずもなく、ひざがミシッっていったので逃げましたけど……。
あれ、もっと頑張ってたらひざからポッキリ折れたかもな、と思って怖かった。
だめだと思ったらもう早く諦めよう。
あ、いや、もちろん、転ばなければいいんですけどね。
転ばなければ100キロの車体を起こすこともないしね。
今日は合計で4,5回は転倒したので、色んな汗でびっしょりになりました……。
起こそうとして腰から力が抜けて「ふふぇぁ……」とかいう声が出たりした。
あれって、腰がグッキリするのと同じくらいつらい。復帰できたけど。

S字もクランクもパイロンに突っ込んだ。
「この課題の意味わかってるよな?」ぐらい言われるほど突っ込んだ。
もうじゃあ基礎からやるぞって、8の字やったけど、
8の字? なにそれ美味しいの? 状態。
こ、こないだはたしかに……たしかにできていt……あれえぇ……???(汗

すごく視線が近いことは自覚してたんですけど、ほんとに近かった。
バイクの乗り方も忘れてるからニーグリ怠って不安定になって、
その結果怖いからってパイロンを見ちゃうんですよね。
そりゃパイロン見てたらバイクはパイロンに突っ込んでいきますよね。
曲がってから曲がる方向見たってバイクは曲がらないんで、
曲がる前に行きたい方向を見てコース取り考えて入ってけばいいわけで。
頭ではわかってるんだよなぁ。その、バイクに乗ってないときは……。

教習車に乗ってるときと姐さん乗ってるときの一番の違いは、上半身の強張り。
しばらく乗らないと姐さんでもニーグリ怠ってしまうけども……。
帰りはちゃんとできたんだよ……やっぱ体の疲れとかぜんぜん違う。
体に力入れたってバイクは動かないですよねぇ、むしろ抜いていかないと……。
なんだかなー、なんだかなー、って、感じです……。

今日は溜め息が止まらない。わたしまで排気量が上がっている。

もっといっぱいバイク乗らないとー。

大型二輪技能教習・4時限目

ぐるぐる迷って辿り着いた15日(土)。
14時からの教習に間に合わず、15時からの1時間だけ受けました。
「時間間違えた?」とか言われ。
「ええ、まあ、なんか、辿り着けなくて……」と言ったら苦笑いされた。
「目的地には辿り着くようにしような」と。はい。私も辿り着きたい。

この日は、曲線課題と一本橋やりました。
なんとかかんとか。一本橋で転びましたけど。
でも、なんとかかんとか、でした。ハンコもふたつ。

でもなんか、前ブレをちょいちょい触る癖があるのがどうも。
私もふだん乗ってて「この癖直さなきゃなー」とは思ってるんだけど。
つい出てしまう。直したい。直す。
あと、ポジションが後ろすぎるって注意されました。
乗ってるバイクの癖が出てるんじゃないかねぇ、とのこと……うーん。
ていうか、姐さんに乗るときもやっぱ、もうちょい前に乗ったほうがいいとは思ってる……。
思ってはいるんだけど、ついつい、っていうところが、結果的にダメな原因。
これは日々姐さんに乗りながら直していかないとなぁ。

などなど、そんな教習でした。

大型二輪技能教習・3時限目→キャンセル

……大いに道に迷って辿り着けなかった14日の翌日、15日。
やっぱり辿り着けなくてまた1時間キャンセルした。
なんか、もうだめぽ。

で、結局このグルグルのおかげで大体道を把握。
授業料にしては3000円は高い。でも頑張った。

気づいたら246を爆走していたのよね。
246なんて教習所までのルートに存在しないよ。

大型二輪技能教習・2時限目→キャンセル

いやぁ、まあ、体調は悪かったんですよね……。
整体行ったから余計にだるさは出てたし。
それなのに、植え替えとかラジオの製作とかやってたんで、
ものすごく疲れてはいたんですよね……。

それにしても、道に迷って技能教習に間に合わなかっただなんて……。
言えやしない……言えやしないよ……。

ルート検索して「ここ右折ね」って言われたとこが、
実際には右折ができない場所だったんですよね。
だもんで、その交差点を通らない道を調べてはいたんですけど、
疲れてたせいかはじめに覚えてた道を行っちゃって……。
「あ、こっちじゃないじゃん」から始まり、
目の前にチャリンコが飛び出してきてギャー!とかで、
そのままぜんぜん違う道に入っちゃって気づくと流されていた。
ぐいぐい押し流されていた。

40キロ走ったよ。

やっぱ、疲れてるときに夜道は危ないかもしんない。
悪ければほんとに事故りかねない。
かといって、バイクで通うのをやめるわけにもいかないし。
目下、疲れにくい体作りと休養に専念することとします。
めそり。

ちょっと、キャンセル料痛いのよね。

大型二輪技能教習1時限目

今日、仕事が終わってからの最終時限で、大型二輪1時限目受けてきました。

姐さんで走る夜の府中街道は、やっぱりまだよく解らない。
なんか突然右折する車とかいるし怖いです。
どうにもおっかなびっくりになってしまうので、
今日も道間違えて時間ロスしてしまいましたよ。
慣れれば大丈夫と思うけど、なかなかどうして。

ともあれ、バイクで教習所到着。
原簿を受け取って、配車手続きして、談話室で休憩。
うーん、うーん、ピンクの原簿、落ち着かない。

予鈴と共に二輪教室に入り、プロテクターとゼッケンをつける。
そうだった、忘れてたけどプロテクター装着の時間があるんだった。
予鈴なったらすぐ教室入らないとだめだ。
ゼッケンは、初めて付ける黄色。そりゃそうか。
小型のときも限定解除のときも、普通二輪MTの赤ゼッケンでした。
ここでもやっぱりビクビクw
わ、わたしが黄色なんかつけていいのかー!つけなきゃだめだー!

でも、女性ライダー増えてるみたいで、
女性用のプロテクターがおいてありました。助かるー。
前は男性用しかなくて、
一番きつく締めてもゆるくて落ちたりしてた。

教習は男性の教習生と二人で受講でした。
もう限定解除審査で通ったのも何年も前なので、
教官にも忘れられてるよなって思ってたんだけど、
覚えられてた……レジェンドは伊達じゃない……。

教官「大型二輪は、それなりにバイク扱える前提でやっていくんでー」

教官「普通二輪の人のお手本に(プフッ)なるようにやってください」

なんでそこ今ちょっと笑ったのーーー!!!><。

で……あの頃遠くから眺めていたCB750……でかいっす……。
まずは取り回し。
サイドスタンド払って、ぐるぐるっと押して歩きます。
もうここでガッシャーンする気満々だったんですが、
こないだ姐さんを押して歩いた経験が活きました。
押し方、支え方のコツが解ってればガッシャンしない。
以前、普通二輪のときは押し方も解らなくてあらぬ方向に行ってましたが、
だいたいどう動かせばどう動くのかが解ってきてたので、
男性教習生に大幅に遅れることも無く指定地点でスタンドポン。

次は……教官がバイクを倒します。起こすんですよね、ハイ。
男性教習生は難なくクリア。
私はもうこれびくともしないだろうと思ってたんですが、
これもやっぱり起こし方が大体解ってたので、
ちょっと苦労はしましたが一人で起こせました。わーい。

「力ついたねぇ、成長したねぇ」と言われつつ。へへへ……。
あの小型限定のころと比べたらね……。
教官にはほんとどうしようもない無様な姿を晒してますしねw
そういえば、解除のときにもCB400が起こせなかったのです。
力というより、やっぱり「やり方」が解ってきたのかも。

そんで、センタースタンド立て。これはできなかった。
体が完全に浮くほど全体重かけてもあがらなくて、
結局教官にちょっと手伝ってもらってやっと立ちました。
まあ、センスタ立てる機会なんかあんまないですよねぇ。
姐さんもセンスタないですし。

センスタ立てたまま一旦乗車しましたが、
いやはや、車高あるわデカいわでちょっとびびりました。
タンクが大きい分、ニーグリは楽に出来る感じ。
てか、乗ったらそのままの姿勢がニーグリってぐらい。

そして、バイクの扱いはこのぐらいで、ぐるっと走りました。
ぐるっと走ったんですけど、いやー。いやー。いやーーー(何w

すんごいね!!!!! すんごいよ!!!!
なんだこりゃあ!!!!! って思ったよ。怖かったー。
もう音がぜんぜん違うのよね、ぜんぜん。
なんか、吐息? みたいな音ですごい力が出るの。
そりゃ250の姐さんと750比べたらすんごい違いだけど、
ここまでか!!! って思った……よ……。

……で、怖くてギア上げられなくて、ほとんど1速で走った(ぉ
たまに直線で2速に上げるぐらい……でも十分だよこれ……。
課題的には4速まで上げないといけない場所もあるんで、
明日以降意識してやっていかなきゃなって思います。
でもねぇ……十分だよ、2速で……。

あと、クラッチ重くて握りきれてないのもあるのか、
シフトがぜんぜんあがらなかった。
2速に上げるのが限度だった。っていうのも、言い訳として。
でも教習終わってから教官に「ギア上げてね」って言われちゃった。

とりあえず、一本橋はなんとか3回ぐらいクリアできたー。
あ、渡りきったってだけで、時間は全然ですけどw
問題はS字クランクスラロームだなぁ。
ニーグリップしっかりやっていかなきゃ。

まー、こうやって、自分の課題とか次回意識するべきところが、
理解できてるって言うのもなんか、我ながら成長。
姐さんとご主人様には感謝しっぱなしだにゃー。
ほんと、普通二輪の免許んときは毎日がパニックだったから。

そんなわけで、大きな失態も無く無事1時限目を終えてきました。
このままスムーズに取れるといいんだけど、
レジェンドは伊達じゃないからなー(笑)

がんばりますヽ(*´ー`)ノ

姐さんねじねじ。


以前、高速道路でスピード出した時に外れてこういう↑ 作業したサイドカバーですが。


実は↑ こんなんなってました。
このままだとまたいつ外れてもおかしくないので、強化のため図画工作。


まずはプレートをドム氏にぶったぎってもらいます。


プレートの裏は、小ワッシャー+小スプリングワッシャー+小ワッシャー。
それを、こう付ける。


で、こんな感じになりました。
なかなかピッタシな感じで安心です。よかったよかった。

ちなみに、先日転倒して割ったスクリーンは、こんな感じに補修。

これはほとんどご主人様にやって頂きました……もうしわけない。
おかげできれいに補修されました。ありがとうございました。

ひさびさ教習所。


小型二輪取りにいったときによくランチしてたモスでおゆうはん食べた。
懐かしくていろんなこと思い出しました。ぼんやり。

前回の記事から、姐さんが無事退院したり、
実家の駐車場で転倒してスクリーンが割れたり、
道に迷って皇居一周したり、
いろんなことがありましたがそれはそれとして。

先日、教習所に入校しました。
大型二輪免許取得のためにです。
取れるかどうかなんか解りません。
乗れるかどうかも解りません。
でも、もうやるしかない。

今日は、教習診断を受けに行ってきました。
憧れのピンクの教習原簿……いざ持ってみると、何か、震えます。
初実技は13日。うーん、やるしかない。うん。

大型二輪免許を取りに行くのにはちょっと迷いがあって、
(小型二輪や普通二輪のときにもそりゃ迷いはあったんだけど)
それが顕著に表面に出てるので、「迷ってるならやめな」と言われてしまう始末。
うーん、うーん、この二の足の踏みようは、いつものことなんだけど、
こんなに表に出ることはなかったんだがなぁ。
それが迷いの大きさなのか、ナンなのかは、わかんない。

やるぞー!と、やるのかー…? の、振れ幅の大きさかもしれないとも思うが、
それだったら小型二輪のときのほうが大きかったはずで。
こういうときは自分を追い込むしかないんで、追い込んだけど、
これが悪い結果にならなきゃいいなーと思ってるところです。

ともかく、がんばってきます。